花に降る千の翼 蝶の渡る海 (角川ビーンズ文庫)

  • 70人登録
  • 3.50評価
    • (5)
    • (7)
    • (22)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 月本ナシオ
  • 角川書店 (2006年4月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044511036

作品紹介

南の島国タリマレイ。第一王女イルアラの妹タリアが、水の大神・シャンナムの使いにより、海底の死者の国へと連れ去られてしまう。(必ずタリアを連れて帰る…神々だろうと、邪魔はさせない!!)愛する妹のため、神にも逆らう覚悟を決めたイルアラは、幼なじみ兼護衛役の半神エンハスらと共に、危険な水底へと旅立つのだが…。イルアラに秘められた『虚の者』の謎とは!?彼女を巡り、神々の思惑が徐々に動き始める。

花に降る千の翼 蝶の渡る海 (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シリーズ3巻です。
    妹姫タリアが、水の大神・シャンナムの使いに攫われ、イルアラとエンハスがタリアを取り戻しに水の大神の元に行き、世界を救うために、動き出すというお話です。

    最初に驚いたのは、テミファの正体。ずっと厚着してるから怪しいなぁって思っていたら、正体は海月でした。しかも巨大な。なんかイメージが・・・って思ってたら、話的に水の大神の元に行く方法としては、なるほどと。確かにテミファが海月だとよいかも・・です。

    今回は、この世界の成り立ちの説明が入っていて、イルアラになぜ能力がないのか、ラロヘンガと人界とのつながりなんかも分かりました。その分、ちょっとだけイルアラとエンハスの間のラブ(元々エンハスの方のラブが強めですけど。。)も減ってます。残念。

全1件中 1 - 1件を表示

月本ナシオの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

花に降る千の翼 蝶の渡る海 (角川ビーンズ文庫)はこんな本です

ツイートする