ミリセントと薔薇の約束 誓いの言葉は時を越えて (角川ビーンズ文庫)

著者 : 月本ナシオ
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010年1月1日発売)
3.54
  • (3)
  • (4)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
  • 42人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044511135

作品紹介

執事アンセルを追って、捕らわれの身になった鑑定士ミリセントは、幽霊屋敷に隠された秘密を知ることに。さらに、秘密結社"大暗室"が、国に災厄を招く『滅び歌』の復活を目論んでいると突き止める。貴族グレンと共に、代々両家に与えられた務めと、悲しい宿命から解放されるため、対決の場『仮面舞踏会』へ向かうミリセントだが…!?「おかえりなさいませ、ミリセント様」出会いと別れ、新たな約束に、涙あふれる完結巻。

ミリセントと薔薇の約束 誓いの言葉は時を越えて (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最終巻です。
    前巻は気になるところで終わってしまってましたけど、最終巻は、ちゃんとハッピーエンドで終わりました。

    中盤で、アンセルがグレンの「薔薇の騎士」に撃たれて、消えちゃって、どうなることかと思いましたが、そこはちゃんと生身の身体として戻って来て、しかも年齢が低くなってるから、グレンとも争わないって感じで、角が立ってません。

    アンセル派にとっては納得できない結果かもしれませんけど、グレン派の私としては、これでOKです。

全4件中 1 - 4件を表示

月本ナシオの作品

ミリセントと薔薇の約束 誓いの言葉は時を越えて (角川ビーンズ文庫)はこんな本です

ツイートする