レッド・アドミラル 英雄は夜明けを招く (角川ビーンズ文庫)

著者 :
制作 : 榊 空也 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.77
  • (5)
  • (13)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 90
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044514167

作品紹介・あらすじ

「死ぬな、ロディア。俺のために生きていろ。これは命令だ」上層部に啖呵を切ったロディアは、軍規違反の罪で投獄される。しかしランセの友人・カザルス提督の協力も得て、釈放されることに。その後ロディアは、密かに敵国の皇子誘拐を続行するため、再び仲間たちと海へ出た。マディス王国軍の敗戦が色濃くなる中、人々は切り礼となるランセとロディアが率いるレーン号の帰還を待ちわびるが-!?海軍出世物語、第3弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ロディアに惚れ直した。アルデアも好きだなあ。続きが楽しみ。

  • これにて、まずは一件落着。

  • 何か、この巻で打ち切りエンドかと思うような急ぎ足の展開であったが、続くのか。
    続くのなら、これ、二冊くらいに分けてやった方がよかったんじゃないの?

    結構面白いと思ってたのに、今回の急ぎ足っぷりに萎えた。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

第3回角川ビーンズ小説大賞にて「即興オペラ・世界旅行者」で優秀賞受賞。受賞作を改題・改稿した「オペラ・エテルニタ」で、2005年9月にデビュー。

「2016年 『ある小説家をめぐる一冊』 で使われていた紹介文から引用しています。」

栗原ちひろの作品

ツイートする