真夜中のキミに恋をささやく (角川ルビー文庫)

著者 : 高野真名
制作 : 桜城 やや 
  • 角川書店 (2006年4月28日発売)
3.32
  • (3)
  • (4)
  • (20)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :50
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044519018

作品紹介

親同士が再婚することになり、密かに憧れていたクラス委員長・叶野仁と家族になることになった高校生の宮原郁郎。だが素っ気ない仁の態度に、どうやら快く思われていないらしいと落ち込んでしまう。そのうえ些細なことから教師に目を付けられ執拗に絡まれ続けた郁郎は、過度のストレスで倒れたところを仁に発見されてしまうことに。しかし痛みと不安で泣き出した郁郎を、仁は抱きしめキスをしてきて-?クールな委員長×気弱な高校生の義兄弟ラブストーリー。

真夜中のキミに恋をささやく (角川ルビー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 再読。何故か急に読み直したくなったので引っ張り出した。親同士の再婚で義兄弟になった同い年の高校生の話。受の郁郎がちょっと家族の愛に飢えてて人見知りだけど他人に気を使う子で、これから仁に愛されて幸せになって欲しい。とりあえず、あの暴力教師にイライラした…。ところで高野さんってまだ作家さん続けてるのかな?結構好きだったんだけど…

  • 再読、作家さんデビュー作。高校のクラスメイト、仁×郁郎。親同士の再婚で家族になった2人… 八方美人なんだけど実は人見知りで他人に気を使いがちな郁郎がちょっとグズグズ悩むタイプですが、仁に嫌われたくないという想いは健気でおぼこい感じが可愛いです。ダン箱整理で見かけ懐かしくなって再読したんですが、高野さんはわりとお気に入りだったのにいつの間にか見かけなくなって… 今何してるのかなぁ、なんて思う作家さんて結構いますよね…

  •  

  • タイトル:真夜中のキミに恋をささやく
    著者名:高野真名
    イラスト:桜城やや

    ■Story■
    親同士が再婚することになり、密かに憧れていた
    クラス委員長・叶野仁と家族になることになった高校生の宮原郁郎。
    だが素っ気ない仁の態度に、どうやら快く思われていないらしいと
    落ち込んでしまう。
    そのうえ些細なことから教師に目を付けられ執拗に絡まれ続けた郁郎は、
    過度のストレスで倒れたところを仁に発見されてしまうことに。
    しかし痛みと不安で泣き出した郁郎を、仁は抱きしめキスをしてきて―?
    クールな委員長×気弱な高校生の義兄弟ラブストーリー。

    ■感想■
    両親共、家庭的な人達ではなく放任な家庭環境にありながら、
    とても温かみのある人として育っている叶野兄弟は素敵だと感じた。
    個人の性格が本当に素直だから成せることなんだろうな。
    そんな温かな兄弟の一員になれた郁郎は羨ましい。
    郁郎が仁への恋心をひた隠しにすることで気を遣う件では、
    イラッとしてしまう部分もあった。
    学業・家事全般万能な眼鏡な彼がお好みな方にはおススメ。

  • ★3.5
    読了日:? 出版日:04/2006

全5件中 1 - 5件を表示

真夜中のキミに恋をささやく (角川ルビー文庫)のその他の作品

高野真名の作品

真夜中のキミに恋をささやく (角川ルビー文庫)はこんな本です

ツイートする