恋はフェアじゃないけれど (角川ルビー文庫)

著者 :
制作 : 桜城 やや 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.37
  • (1)
  • (8)
  • (18)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 80
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044520175

作品紹介・あらすじ

不慮の事故でワインをかけられたお詑びにと、シェフの氷見からパンケーキをごちそうされた会社員の椎名。それをきっかけに、椎名は氷見の料理の味見に付き合うことになり、人懐っこい笑顔に惹かれていく。ある日、酔った勢いで椎名は思わず氷見にキスしてしまう。氷見は困惑しつつも椎名を抱き寄せ体を繋げる。"遊びの関係"と割り切ろうとする椎名だったが、氷見とのまるで恋人のような甘い時間に想いは募っていき…。自由恋愛系シェフ×オクテな会社員の恋のレシピ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 再読。『恋はゲームというけれど』のスピン。シェフ・氷見×会社員・椎名。前作と比較すると椎名のイメージが若干ズレるが私はこちらの方が好きかな。攻の気持ちの変化が分かりづらいのでラストまでモヤモヤしちゃう… なので攻がちょっとズルく見える。もうちょっとあからさまな感じでもいいと思うなぁ。

  • 「恋はゲームというけれど」のスピンオフ。

    結構意外な展開の連続で、ドキドキしながら読み進めました。

    嫉妬しちゃってる氷見が可愛かった…!!
    勘違いと嘘から始まった関係なので終始ジリジリ。どっちがどうやってブレイクスルーするかなと思ってましたが、ラストへ向けての展開はすごく好みでした。


    女性ですが枝野さんもすこぶる好みなキャラで登場してくれると嬉しかったです♪

    「恋はゲーム〜」の2人も登場しますよ☆

  • 読む順番失敗(苦笑)前作持ってるのにこっちを先に読んでしまった…。支障はなかったけど順番通り読みたかった;受けが健気だった。遊びの関係と割り切りつつ、でも攻めの遊びという態度に密かに傷ついてる受け。結局は、お互い誤解してすれ違って…って感じだけど、攻めのそれまでの言動では真意が見えにくかった。誤解するのも無理はないというか。受けを本気で好きになった経緯もなんかモヤッ。

  • 個人的にあまり攻めが好みじゃなかったんですが楽しく読めました。椎名さんがひたすら好きだった。鈍くてお人好しって罪すぎるけど、そこがいい。やっぱり成宮さんは凄いなー。久しぶりに自分のクチに合う文体を読んだのでお腹いっぱいでした。

  • <関連作品>
    『恋はゲームというけれど』

  • 年下攻めかと思ったら同い年だった!よくあるよくある!!
    攻めくんがなんか攻めらしくて好き。でもなんか事態をややこしくしてたのはあなたでしたねと思うとつねってやりたいけど好きこの攻め!
    積極的な受けさんかわいい。鈍感だけど!

  • 前作も読んで気になりあらすじ読んだらズッキューン!
    じれじれの受けが可愛くてなりません。
    ある意味天邪鬼なような気もする・・・?
    ただ言葉にすることって大切だねって思った。
    エロは前作より控えめ?な感じ。
    呼んでて思わず胸がツキーン・・・と痛む切なさ!
    この二人の今後が気になって仕方がないっ!

  • 表紙のビジュアル的には受けでも攻めでもどっちでもOKって感じの二人ですね♪でもまさか受とは思わなかった♪2年のお話をすごく上手くまとめてあってやっぱり成宮さんはすごい!と思いました♪ラストの甘々もあって満足でした。

全8件中 1 - 8件を表示

恋はフェアじゃないけれど (角川ルビー文庫)のその他の作品

成宮ゆりの作品

ツイートする