ご主人様に恋のご奉仕 (角川ルビー文庫)

著者 : 緋夏れんか
制作 : みろく ことこ 
  • 角川グループパブリッシング (2008年9月30日発売)
2.56
  • (0)
  • (0)
  • (5)
  • (4)
  • (0)
  • 本棚登録 :22
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044521073

作品紹介

両親を亡くし富豪の高階家へ引き取られた僕・江藤侑眞は、恩に報いようと執事見習いとして働くけれど、慣れない仕事に失敗ばかり。そんな時、高階家の一人息子・蘇芳様の専属執事に抜擢されてしまい、今まで以上にめげずに頑張ろうと張り切っていた僕は、蘇芳様に初対面でピンチを優しく助けられてしまう。それ以来、聡明で紳士的な蘇芳様にご奉仕するたびにドキドキしてしまうけれど、蘇芳様は、二人きりになると突然、僕にキスをしたり、イジワルをしてきて-。

ご主人様に恋のご奉仕 (角川ルビー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 社長代理×薄幸少年。攻めが妾腹の子であったり、受けの両親が事故死したりと設定は重め。憎しみと復讐と和解がテーマの一つのわりにはあっけないほどサラリとしたラブストーリー。キスとかエロとかその手のくだりは疑問を感じるほどかなり唐突に始まる。人工知能のトイドックの存在が可愛い。

  •  両親を亡くして、富豪の高階家に引き取られた江藤侑眞は、恩に報いようと執事見習いとして働くけれど、自らもおぼっちゃん育ちで、今まで何もした事がなく、失敗ばかり。
     どうにかこうにか、努力によって紅茶だけは上手に入れるようになったけれど、そんな時に、高階家の一人息子・蘇芳の専属執事に抜擢されてしまう。
     いきなり放り出されたように気持ちになりはしたけれど、持ち前の前向きさで、今まで以上にめげずに頑張ろうと決意する。
     そんな時、両親が亡くなった日を思い出させる雷に怯えていたところを、蘇芳に優しく助けられる。
     其れ以来、聡明で紳士的な蘇芳に奉仕するたびにドキドキしてしまうけれど、蘇芳の父である高階の話をするときだけは別で、その話を口にするたびにまるで無理やり黙らせるかのように、キスをしたりそれ以上のことをしてくる。
     けれど、そんな行為にも侑眞はドキドキしてしまい……

     というような話……かな?

     大分公式のあらすじとは違うように思ったんですが……。
     それはさておき、前回もこの作者さんの話を読んだ時に思ったんですが、随分な違和感が……。
     何でだろう……って思ったんですが。

     やっぱり登場人物が賢すぎるんだよなー……って思いました。
     というか、自分で自分の事自己分析しちゃうんですよね、物語中に。
     まぁ、書いてる側としてはここはこういう風に読んでほしい! とかそういう気持ちがあると思うので、ついつい書いちゃう気持ちはわからなくもないんですが、そうじゃなくて含みにした方がいい部分もたくさんあると思うんですよ。
     全部書いちゃうんじゃなくて、読者の想像にお任せする部分が。

     全体的に、登場人物の気持ちを説明し過ぎなんだよなー……ってのが、個人的な感想です。
     多分、二冊読んで、二冊ともダメなので、個人的にこの作者さんの書くものが合わないんだろうなー……と自覚しました。
     あくまでも個人的な感想なので、他の人がどう思うかはわかりませんが……。

     でもまだもうちょっとこの作者さんの本、買っちゃったので、読むと思いますー。

  • おもちゃメーカー後継者・蘇芳×両親を亡くした高校生・侑眞

    みろくことこ氏の絵は可愛らしくて好きなんだけど、挿絵になると、受がどっか足りないアホなだけの子に見えるのはナゼ?
    攻の仕事はともかく、受の執事って…、この設定、背景でどうよ?
    挿絵の洋服見たさって訳じゃないだろうけど、安直すぎてお話についていけない。

  • 2008/9/29購入。さ…挿絵がことこさんだったので…orz

全4件中 1 - 4件を表示

ご主人様に恋のご奉仕 (角川ルビー文庫)のその他の作品

緋夏れんかの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ご主人様に恋のご奉仕 (角川ルビー文庫)はこんな本です

ツイートする