意地悪だけど愛されたくて (角川ルビー文庫)

著者 : 緋夏れんか
制作 : みろく ことこ 
  • 角川グループパブリッシング (2009年1月31日発売)
2.71
  • (0)
  • (0)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :15
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044521080

作品紹介

学校の理事長の息子として、品行方正に育てられた高校生・宮前玲央。そんな玲央の大学受験のために、家庭教師として現れたのは葉山匡悟だった。以前、優しく自分の面倒を見てくれていた葉山をずっと好きだった玲央は、再会を喜ぶが、昔と違い、冷たい雰囲気をまとう葉山に突然「私の命令に従いなさい」と身体を奪われてしまう。父の秘密を知るという葉山に逆らえず、玲央は淫らな愛撫を施され傷つきながらも、身体は彼の甘いぬくもりを求めてしまい…。

意地悪だけど愛されたくて (角川ルビー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 元家庭教師×高校生。主従関係の敬語攻め。憧れや負の感情から恋愛に変わっていく過程が面白い。チラリとのぞく大人の色気も捨てがたい。ラストは誤解やわだかまりも溶けてハッピーエンド。政略結婚等少々浮世離れした設定と、強引な略奪愛。今後の展開が少々気になるところ。

  • 2009/2/4購入。挿絵目当てで絵買い。ことこさんはイイ。

全2件中 1 - 2件を表示

意地悪だけど愛されたくて (角川ルビー文庫)のその他の作品

緋夏れんかの作品

意地悪だけど愛されたくて (角川ルビー文庫)はこんな本です

ツイートする