恋におちる、キスの瞬間 (角川ルビー文庫)

著者 : 小塚佳哉
制作 : 佐々 成美 
  • 角川書店 (2006年8月31日発売)
3.00
  • (1)
  • (1)
  • (10)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :34
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044522018

作品紹介

友人が紹介してくれた女の子とデートするために、繁華街へやってきた高校生の今井理友。だが待ち合わせの場所にやってきたのは『ハルナ』という長身の美形の男だった。友人にからかわれたと気づき理友は悔しがるが、榛名にまるで恋人のようにエスコートされ、別れ際にキスまでされてしまう。そして理友の名前の由来であり、亡き母の思い出の車、フィアット・リトモを見に行こうと約束するのだが-。やり手外車ディーラーとやんちゃな純情高校生の、ヒミツの恋。

恋におちる、キスの瞬間 (角川ルビー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最初に読んだ時は、可もなく不可もなく。
    リトモって車のエピは目新いかなぁぐらいにしか思ってなかった。
    スピンアウトが出て読み返して、以前読んだ時より楽しんだ。
    続編や、スピンアウトが出ると、元のお話が途端に面白く感じちゃうのは、私の癖?だなぁ…。

  • タイトル:恋におちる、キスの瞬間
    著者名:小塚佳哉
    イラスト:佐々成美

    ■Story■
    友人が紹介してくれた女の子とデートするために、
    繁華街へやってきた高校生の今井理友(いまいりとも)。
    だが待ち合わせの場所にやって来たのは
    『ハルナ(榛名)』という長身で美形の男だった。
    友人にからかわれたと気づき理友は悔しがるが、
    榛名にまるで恋人のようにエスコートされ、
    別れ際にキスまでされてしまう。
    そして理友の名前の由来であり、亡き母の思い出の車、
    フィアット・リトモを見に行こうと約束するのだが---。
    やり手外車ディーラーとやんちゃな純情高校生の、ヒミツの恋!

    ■感想■
    こんな優しくて頼りになるお兄さんがいきなり登場しちゃったら、
    初心な高校生はまいっちゃうよ。
    メロメロにならない方がおかしいんじゃないか?
    しかし…
    ふわふわ~とした恋の話かと思っていたら、
    “いじめ”問題も絡まっていてビックリ。
    健気に頑張る理友に涙誘われます

  • さらっと読める。ラストのいぢめ問題は、驚きでした。子供を出す意味があったのだろうか?

  • -

    2011/2/27 23:35

全4件中 1 - 4件を表示

小塚佳哉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

恋におちる、キスの瞬間 (角川ルビー文庫)はこんな本です

ツイートする