身代わり伯爵の結婚 (角川ビーンズ文庫)

著者 :
制作 : ねぎし きょうこ 
  • 角川書店
3.85
  • (55)
  • (55)
  • (72)
  • (6)
  • (0)
  • 本棚登録 :406
  • レビュー :41
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044524029

作品紹介・あらすじ

庶民的パン屋の看板娘、ミレーユ。双子の兄の予測不可能な行動のせいで、またも『身代わり伯爵』として登城することに!そんな彼女に、隣国の女公爵(特技:呪詛返し)との結婚話が舞いこんだ。彼女いない歴16年なのに(ちなみに16歳)!というか、そもそも女なのに!!さらには再び陰謀の予感が…?かくして、『身代わり伯爵』の笑いと涙の冒険がはじまる!!奇人変人美形筋肉増量中、超王道王宮ファンタジー第2弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • お母さんの気持ちをもう少し考えるといいと思う
    肝試しはいやだなあ
    兄は立派にスパイへと成長している
    妹もがんばれ 守られるだけでない人におなり

  • 完全乙女向け、恋愛×冒険ストーリー!

    なんというかもう! もだもだします。笑いあり、トキメキあり、これぞ少女小説。お調子者だけど妹バカのフレッドも、リヒャルトのクーデレもいいですけど、私はカイン、大切なときにはきちんと活躍するカインがお気に入り。シルフレイアとお幸せに!

  • 味覚音痴な天然カップルのやりとりは読んでいて飽きません。というか、どんどんエスカレートしているような…?
    極めつけは、ミレーユがパンを配りに行こうとしたあの場面。あんな状況じゃなければ、素敵なプロポーズの台詞だったのに‼︎

    物語は新たな登場人物を迎え、次第に深みが増してきました。シアランという国が今後大きく関わってきそうな感じです。
    リヒャルトの背負うものが何なのか、フレッドがまともな人間になる日は果たして来るのか、そしてミレーユは無事にパン屋を継ぐことができるのか⁉︎
    気になる次巻に乞うご期待!

    2014.02.21

  • 変人なヴィルフリートにときめいた。

    シルフレイアとカインの関係も気になるんですが、こういう系の小説を読むとついつい脇キャラに目がいってしまっていけない。
    相変わらずミレーユとリヒャルトはなぜお互い想いあってる風なのか、いまいち分かんないんですよね。

    今後のヴィル殿下の活躍に超絶期待です。

  • 隣国を巻き込んでくるとは。話が国外に広がっていく布石?
    天然どうし。
    恋のはじまり。
    カワイイ。

  • 手は出すまいと決めていたのに手を出してしまった~
    もともと身代わりネタと双子もの大好きだから仕方がない

    ミレーユ並みに思い込みが強い子苦手なんだけど、
    立ち直り早くて前向きだから面白いわ
    作家さんの書き方うまいなー

  • シリーズ第2巻。
    角川つばさ文庫版がなかなか図書館から回ってこないので、BH版で読み進めることに。

  • 図書館で借りて今ごろ読みました(笑)

    一巻の最後とちょこっと繋がっていたので、続きを楽しみにしていましたが、またウキウキとあっという間に読み終わりました(笑)

    あとに続く登場人物が二人登場するので面白かったです。

    今回はお化けうんぬん、ということでミレーユが一巻よりもバタバタしていました(笑)

  • ●2010年5月9日

  • 登場人物が個性豊かで好きです

    結婚の話をASUKAで見て小説に手をだしました。

    ルーディーも好きだしカインもいい味だしてます。

    ロジオンも真面目な感じがいいし、手をつないでたミレイユとリヒャルトに対するアシュウィックの反応だったり、ジークもあいかわらず。

    「泣き顔をみると・・・」ジークが冗談で言ってるのかと思っていたらリヒャルトの本心だったのね・・・ってことがあったり

    「なんでお姫様だっこ・・・」
    ってところが好きです

    ドラマCDもおすすめ

    フレッドの黒さに拍車がかかってます

全41件中 1 - 10件を表示

身代わり伯爵の結婚 (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

清家未森の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

身代わり伯爵の結婚 (角川ビーンズ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする