身代わり伯爵の潜入 (角川ビーンズ文庫)

著者 :
制作 : ねぎし きょうこ 
  • 角川グループパブリッシング
4.14
  • (57)
  • (47)
  • (35)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 345
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044524067

作品紹介・あらすじ

リヒャルトに会いたいと願い、自らヒースに攫われたミレーユ。しかし目を覚ました場所は、敵国の騎士団駐屯地だった!不本意な特技(!?)の男装を活かし、見習いとして志願したミレーユは、女の子とばれないようにしつつ、合格目指して大奮闘。しかし相手は、アルテマリス王宮にも勝る美形の曲者揃いで!?かくして、『身代わり伯爵』の大胆なスパイ大作戦がはじまる!ミレーユとリヒャルトの仲も大進展!シアラン編本格始動。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • そっかロジオンがそっちか!
    てか第五はもともとそっちか!いいところに拾われたなー
    よきことだ
    頑張ってほしいなあ
    道のりは険しそうだけども

  • 新キャラが続々と現れ、更に賑やかになってきました。
    フェリックスは陰の功労者(猫)だと思います。
    なんだかそろそろ、ミレーユの余りの鈍感さ加減にイラッ☆と来たり来てなかったり…?な後半でした。
    続きを読めば、それも少しは解消されるのでしょうかね…。

    2014.02.26

  • 次々新キャラがでてくる、すごいなあ。身代わりやってたのはここで生かす伏線だったのか。
    けっこう侮れない(^-^;

  • シリーズ第6巻

  • いやもう自力で色々してしまう、その行動力をほめたたえたいかと。
    むしろもう新キャラでいっぱいになって、いつもの人達は出てこないかと。
    ちゃんと出てきました。
    良い所取り?w

    あぁうんやっぱり怪しまれるよね、という突っ込みから
    きれいに隠し通せてる…と感心してれば、ぼろがうっかりw
    しかも『女装』してにへらっと笑ってますし…。
    どこまでも続く、胸ネタ(笑)

    しかし、どこまでが味方で、どこまでが敵なのか。
    副団長は…勘が鋭いだけですか??
    最後の最後で『兄』が誰だか分かるわ、ヒーローは
    がっちり印象深く登場してくれるわ。
    シリアスなのに、やっぱり爆笑大量ですw

  • シアラン編、2冊目

  • すっかりはまってしまった6冊目。

  • フレッドの「今日は人生で七番目に幸福な日だ」をはじめとする遣り取りが大好きです!!(笑)
    それにしても……ミレーユ鈍すぎ。ここまでくると……無理があるんじゃ……と思っちゃうんです……けど……ごにょ。

  • リヒャルトに会いたいという思いから、自らヒースに攫われたミレーユ。しかし到着した先で、サラに間違えられて殺されそうになったところを、フレッドの知り合いらしきアンジェリカに助けられる。川に落ちて意識が戻ったところは、何とシアランの第五騎士団の駐屯地だった!短髪がゆえに男だと勘違いされたミレーユは、そのまま性別を偽りシアラン大公などについて調べることにする。風変わりな騎士たちに囲まれ書記官になった彼女は、偶然にも大公の妹エルミアーナと知り合い、そして追いかけたリヒャルトとも再会する。

    どこにいても前向きな(前向きすぎて後ろを振り返らないのはご愛嬌 笑)ミレーユを見ていると元気が出てきます。シアランの騎士たちがわやわや出てきて、アルテマリス並みに奇人変人多すぎでしょー!と思う。面白いですが。フレッドは何を考えてるかホント分からないなと思いました。きっと今後もやらかしてくれるはず。リヒャルトに関しては最後のシーンだけで華を持ってく嫌な男だな、と(苦笑)大切に想うのは分かるけど、一人で抱え込みすぎ!とキレそうでした。早くミレーユ引き取ってしまえ。そして、ヴィル・・・ああアホで可哀想な子・・・。

  •  ミレーユの殴り込みっぷりが素晴らしかったです。

     犬一匹+猫多頭飼いの我が家では、毎日のように人・犬・猫の種族を超えた仁義なき食事争奪戦が繰り広げられているので、猫に怯えるのも判らんでもないです。餌にがっつく猫達の勢い……食卓の焼き魚焼肉その他諸々を虎視眈々と狙う肉食獣の眼差し、それはまさしく狩るか狩られるかの自然界の縮図……。(言いすぎ)

全21件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

第4回角川ビーンズ小説大賞で読者賞を受賞。受賞作を改稿した『身代わり伯爵の冒険』でデビュー。同シリーズの他、「六蓮国物語」シリーズ、「桜乙女と黒侯爵」シリーズも刊行。

「2017年 『身代わり伯爵と終幕の続き』 で使われていた紹介文から引用しています。」

身代わり伯爵の潜入 (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

清家未森の作品

ツイートする