身代わり伯爵と伝説の勇者 (角川ビーンズ文庫)

著者 : 清家未森
制作 : ねぎし きょうこ 
  • 角川グループパブリッシング (2009年5月1日発売)
3.87
  • (26)
  • (47)
  • (34)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :312
  • レビュー :20
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044524081

作品紹介・あらすじ

ミレーユの双子の兄・フレッド(将来の夢:勇者)のドラマチックな冒険を描く表題作「身代わり伯爵と伝説の勇者」、"運命の恋人が見える"鏡をめぐって恋する乙女が暴走する「身代わり伯爵と運命の鏡」、美形着ぐるみ王子ヴィルフリートと、ミレーユの勘違いだらけな逢い引き「身代わり伯爵と秘密のデート」他、ジークの仰天花嫁選びを描いた書き下ろしを収録。爆笑&ラブ満載なファン待望(初心者歓迎)の豪華短編集。

身代わり伯爵と伝説の勇者 (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • かわいらしいの
    フレッドは気を抜いてたんだねえ
    おかわいそうに
    人面犬との出会いはとても素敵すぎる

  • 短編も番外編も、うまいなあ。
    エピソードが本編を上手に補完してる。
    各キャラもたってるし。

  • 『求婚』と『失恋』の間に発売された、短編集。
    どの話も、思ったより面白くなかった。

    短編集ぐらい、登場人物紹介の使いまわしは避けるべき。

  • 番外編

  • 初短編集の登場人物紹介欄、にぎやかです。
    何故にこれを本編の登場人物紹介欄に使ってくれないかと
    ちょっと問い合わせしたいものがあります…。
    ここに出てきているがために、出てこない…あれ? と
    首をかしげて終了してしまいました。

    本編ではないので、当然の事ながら…色々な意味でカオスと。
    最後の最後でヘタレ具合が分かった人とか
    また妙な生き物(?)が増えたな…とか。
    あの生き物? は今後も出てくる予定なのでしょうか?
    ごく普通な真っ当な中世ヨーロッパ系ファンタジーだと思ってたのですが
    やはり登場人物の濃さゆえか、それを誤魔化すためなのか…。

    着ぐるみの扉絵、可愛いと思いますw

  • 短編集

  • 本編からちょっと休息。

  • とてもニヤニヤさせて頂きました!(笑) セシリアが可愛いですよね~。フレッドは……どこまで本気?と思わないでもないんですが……どうなんでしょうかねー?

  • この頃のリヒャルトがミレーユと知り合って、どうしてああなったのかと想像すると楽しい。

  • 身代わり伯爵と運命の鏡
    「運命の恋人が見える」という鏡の噂を聞き、試してみることにしたセシリア。ところが次の日白薔薇通信に自分の日記の内容とそっくりなことが書かれていて、日記を盗まれたと勘違いした彼女は伯爵に扮するミレーユに捜査を命じる。ちょっぴり甘いリヒャルトににやけました。本編が散々なことになってるせいもあって、明るい短編が嬉しい。フレッドもセシリアのことが大好きなんだなーと実感しました。

    身代わり伯爵と伝説の勇者
    魔物が出るというウェルド村を訪れたフレッド。魔物を倒して伝説の勇者になりたくなった彼は、部下のユーシス、旧友のレオンとともに山へと乗り込むが、魔物の正体は・・・。ちょ、フレッド、何をやってんのあんた・・・。まあいいことしてるようなしてないような。フレッドはフレッドだなとしみじみ。

    身代わり伯爵と秘密のデート
    ヴィルフリートに果たし状と気ぐるみを贈られたミレーユは、困惑しつつも二人で出かける流れに。ヴィルがリヒャルトのことを好きだと勘違いしたミレーユは、恋愛相談に乗る気満々で?!リヒャルトもエドゥアルトも、反応が面白いです。それにしてもヴィルは不憫すぎる・・・アホな子ほど損しててかわゆいんだな。

    身代わり伯爵と薔薇園の迷い子
    リディエンヌとジークの出会いの物語。演劇の練習をしていたリディをシャロンと勘違いしたジークは、興味をひかれて話しかけるが、相手は超そっけない態度で・・・。知りたかった背景が読めてホント良かったです。ちょっとズレたリディのハーレム願望が爆笑ものでした。アルテマリスを盛りたてていってくれるであろう、安心して見ていられる二人です。

全20件中 1 - 10件を表示

身代わり伯爵と伝説の勇者 (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

清家未森の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

身代わり伯爵と伝説の勇者 (角川ビーンズ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする