身代わり伯爵の失恋 (角川ビーンズ文庫)

著者 :
制作 : ねぎし きょうこ 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
4.19
  • (55)
  • (48)
  • (28)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 339
レビュー : 26
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044524098

作品紹介・あらすじ

第五師団が捕縛され絶体絶命の中、ミレーユはリヒャルトの即位に必要な宝剣を手に入れ、公女エルミアーナを救うため、炎上する離宮に飛び込んだ。それを知ったリヒャルトもミレーユの後を追い離宮へ飛び込むが、ミレーユは怪我で意識不明になってしまい!?「帰らないで。ここにいてください。俺のそばに」かくして『身代わり伯爵』の切なく命懸けの試みがはじまる!全員失恋!?待ったなしのハイテンション・王道ファンタジー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんとそっちかー
    よく組み立てたなあ
    サラーーー
    リヒャルトはよくがんばったしミレーユは大人になったね
    よいことだ
    かわいらしくてそして泣ける
    人面犬は素敵すぎる
    フレッド負けないでー

  • 物語は暗さを増し、シアラン大公家の闇が明らかになります。そして大公の秘密がついに暴かれ、リヒャルトの心境にも変化が……。

    一連の騒動で、第五師団は殆どの荒くれ者と僅かな頭脳派で成り立っているなとひしひし感じました。そういう意味では、ジャックとイゼルスはいい組み合わせですね。

    また、宝剣をリヒャルトに渡し、国を生かすために自身の命さえも顧みないエルミアーナ公女の覚悟が胸にしみました。様々な政略の荒波の中で生きてきた彼女ですから、その行動こそが兄に対する抵抗だったように思いました。

    今回はタイトルの失恋のとおり、ミレーユはリヒャルトに失恋します。でもやっぱりここは王道なので、甘い結末になることは何となく予想できてしまいますが。

    個人的に感動というか、心を揺さぶられたのは、第五師団の団長、ジャックが再びリヒャルトに忠誠を誓う場面です。
    普段の生活態度とのギャップに少々面食らいつつ、「こういうのを待っていた!」と心の中でガッツポーズでした。

    2014/03/02 読了

  • 全員失恋って笑える。
    結構話はハードなはずなのに。

  • シリーズ第8巻

  • もしやこの『犬』は…と、番外編を思いだす登場人物(?)が。
    ここに使い道(!)が。
    しかし普通の中世貴族ファンタジーかと思ったら
    不思議が混じってきました。
    …まぁ、これくらいなら、まだ…。
    これで魔法が出てきたりしたら、それはそれでがっくりです。

    ようやくまとまりそう…というか、ようやく事を理解したというか。
    遅い、遅すぎる! と思っていたら、近所の人達…w
    そのせいでこうなったのか、と納得いたしました。
    が、哀れとしかいいようがない(爆笑)

    またしても暴走娘は暴走してるな、と思ったら
    今度は兄が…。
    ここで続くですか?! と叫びたい状態で終了。
    どうなる、というより、どうするつもりなんでしょう、これ。

  • ロジオン・・・

    私はフランソワーズの話を読む前だったので先に「伝説の勇者」を読んでおくことをオススメします

    ミレイユがかわいくて・・・

    すれちがう2人

    ルドヴィックお邪魔

    ジャックがいい味だしはじめてます。

    でもわたしはイゼルスにひかれます

  • シアラン編、四冊目

  • まだくっつかないのか~><と思うけど。振り回され加減が楽しいからいい!

  • 図書館にて。・・・買うか・・・。

  • リヒャルトが素敵な巻でした! ミレーユは……「鈍い」設定にもそろそろいい加減無理がありすぎると思ってただけに……。

全26件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

第4回角川ビーンズ小説大賞で読者賞を受賞。受賞作を改稿した『身代わり伯爵の冒険』でデビュー。同シリーズの他、「六蓮国物語」シリーズ、「桜乙女と黒侯爵」シリーズも刊行。

「2017年 『身代わり伯爵と終幕の続き』 で使われていた紹介文から引用しています。」

身代わり伯爵の失恋 (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

清家未森の作品

身代わり伯爵の失恋 (角川ビーンズ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする