身代わり伯爵の婚前旅行 Iすれ違いの蜜月 (角川ビーンズ文庫)

著者 :
制作 : ねぎし きょうこ 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
4.02
  • (24)
  • (45)
  • (17)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 257
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044524166

作品紹介・あらすじ

数々の難題をこなし、リヒャルトと婚約式をあげたミレーユ。アルテマリスでジーク達の結婚式が行われることになり、シアラン妃として出席することに。新婚旅行ならぬ婚前旅行と大はしゃぎのミレーユだけど、その旅路が何事もなくいくはずがない!!突然何者かに襲われ、護衛とはぐれた挙句、リヒャルトが怪我を負ってしまって!?二人の結婚までの道のりはまだまだ遠い!?激甘注意報発令の、新章・婚前旅行編スタート。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • もっと賊に襲われたりするといいと思う
    待ってました展開
    しかしフィデリオ怪しくてオズワルド醜い

  • 脇道に逸れた感想を書くと、決めるところは決めるのにさりげなく乙女度高めな愛され団長がかわいすぎてつらい。あと神官長様とミレーユのキャッキャっぷりもかわいすぎてつらい。次巻以降のアルテマリスで起こるあれやこれやが楽しみすぎるので早く次巻読めますように!

  • サラッとムッツリなリヒャルト萌え。
    やっぱこの2人には常にイチャイチャしててもらいたい。ずっと一緒に行動してほしい。

  • 再読。ああ、そうそう、周りで胡散臭いことが起ころうとも、リヒャとミレーユはこうでなきゃ!ってぐらいのイチャイチャぶりですな(笑)久しぶりに読んだので、名前は覚えててもこの人どんな人だっけ?となってます。

  • 婚前旅行らしさをうまくはさみこむ。添い寝とか口移しとか、小まめにもれこむとこも、やりますね。

  • 婚前旅行というか里帰りへんです。
    やっぱり今回の旅も波乱含みです。
    今回、白百合騎士団がまだ、出てこなかったのがちょっと寂しいですが、だい5部隊と騎士団の顔合わせが今後あるといいなあ。

  • 身代わり伯爵シリーズ続編。
    久々に読んだためか、登場人物が全く思い出せず。
    謎が解消されないまま終わっているので、続きもそうそうに読まねば。

  • イチャイチャが婚前旅行のわりにはかなり思ったよりも少なかったのがかなり残念でしたが、リヒャルトの内面がかなりわかる巻だったのでこれはこれでおもしろかったです。

  • あまあま!!
    二人とも両想いだし、婚約者にもなったし、山場を超えた安心感あり。
    あとの懸念材料って・・・今までの苦難を思えば小さい小さい??

    あんまり登場人物を増やしたり、
    国同士の絡みを設定したりしないで、
    二人の関係の勢いがあるまま完結することを希望。

  • 大人買いして読み始めたこのシリーズ、やっと追い付きました。

全23件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

第4回角川ビーンズ小説大賞で読者賞を受賞。受賞作を改稿した『身代わり伯爵の冒険』でデビュー。同シリーズの他、「六蓮国物語」シリーズ、「桜乙女と黒侯爵」シリーズも刊行。

「2017年 『身代わり伯爵と終幕の続き』 で使われていた紹介文から引用しています。」

身代わり伯爵の婚前旅行 Iすれ違いの蜜月 (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

清家未森の作品

身代わり伯爵の婚前旅行 Iすれ違いの蜜月 (角川ビーンズ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする