アラバーナの海賊たち 幽霊船は婚約者を惑わす (角川ビーンズ文庫)

著者 : 伊藤たつき
制作 : 七海 慎吾 
  • 角川グループパブリッシング (2008年4月1日発売)
3.33
  • (1)
  • (5)
  • (15)
  • (0)
  • (0)
  • 53人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044525040

作品紹介

海賊見習いの少女・ジャリスは、壊れた船の修理代のために、「幽霊船退治」の依頼を引き受ける。しかし実は、ジャリスは幽霊が大のニガテ!「幽霊なんていないわよ!」と強がってみたものの、遭遇したのは紛うことなき幽霊船!!しかも、ジャリスの婚約者だったことが判明し、ちょっぴり微妙な関係の美形船員・コダートと、二人きりで船内を探索することに…!?コダートの男前度も上昇中!?海賊ロマンも満載な第4弾。

アラバーナの海賊たち 幽霊船は婚約者を惑わす (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  アラバーナシリーズ。
     ようやくピンチを跳ねのけた、と思いきや。
     今度は、海賊になるための試練すらさせてくれない国へとたどり着く。

     おまけに、幽霊船の退治まで申し付けられて……という話。

     今回の一番の見どころは、ジャリスに目覚めた恋心。
     まぁ、少女向けラノベではぼち王道な展開。

     相手はやっぱりやっぱりなんですが……

     個人的にはシャルマがこれからどうするのか、とっても気になる。
     彼が頑張ってジャリスを奪い返すのか。
     小姑よろしくネチネチといびり倒すのか。
     それとも、彼も彼で他にパートナーを見つけることができるのか!?

     ものすごーく気になる。

     まぁ、個人的にコダートのちょっぴり情けないところが大好きなので。
     どっちを応援するかって言われたらコダートなので、シャルマに対しては、ごめんなさいって感じなのですが。
     彼のキャラも好きなので、彼にも幸せになってほしい……というか。
     最終的なところで、自分を卑下しているシャルマが幸せをつかんだらどうなるのか見てみたい、というのが大きいです。
     ジャリスより優先する者をシャルマが見つけたらどうなるのか?(まぁ、そうなったらそうなったであっさりジャリスと縁を切りそうですが)

     むしろ、シャルマがジャリスともう一つのものの間で葛藤するところを見てみたいです。ドエス的な意味で(待て)。

  • 2009/01/05

全3件中 1 - 3件を表示

アラバーナの海賊たち 幽霊船は婚約者を惑わす (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

伊藤たつきの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

アラバーナの海賊たち 幽霊船は婚約者を惑わす (角川ビーンズ文庫)はこんな本です

ツイートする