金蘭の王国 約束の日は遥かに (角川ビーンズ文庫)

著者 :
制作 : 香坂 ゆう 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
4.00
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :32
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044527082

作品紹介・あらすじ

やむを得ない事情で仇同士となってしまった綺理と冬惺。(俺にはもう、綺理に好きだと告げる資格はない)そう思い悩みながらも、冬惺は綺理を救い出すため、紅楓家と決着をつけるため、出陣する。一方、綺理は紅楓家将軍・空騅が、妖王万宵と手を組んだことを知る。しかも、戦いに乗じて万宵が淵妖の大群を送り込んできて…!?綺理は淵妖の手から愛する王国を守ることができるのか、そして冬惺との絆の行方は!?感動の完結巻。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 五巻あらすじ…。
    仇同士となってしまった綺理と冬惺。思い悩みながらも、冬惺は綺理を救い出すため、紅楓家と決着をつけるため、出陣する。しかも、戦いに乗じて万宵が淵妖の大群を送り込んできて―― 。

    個人的には翔波(ショウハ)と空騅(クウスイ)と奏珠(ソウジュ)が好きです!
    翔波は健気だし、空騅は意外に紳士だし、奏珠はかわいい…!w
    あらすじだけ読むと悲しい場面が多いのかなって思いましたが…。綺理が前向きなおかげか、暗くなりすぎなくてよかったです!
    4、5巻は特に心温まる場面が多かったと思います。登場人物たちの会話も1、2、3巻よりもさらにおもしろいです(^^)新たな恋の予感も?!w

  • ようやく最終巻を読んだ。今更感が強いが、終わり方には個人的にびっくり。あんまり他では見ない纏め方をされたような気がして、ちょっとすごいなと思った。この方のあんまり読んでないけど、次のシリーズも読んでみようかな。

  • 遂に完結。どうなっちゃうのかと思ったがうまいこと丸く収まりました。最後んとこは甘々でした。今までの不足分全部(笑)みたいな。願わくば番外編で翔羽と千紗のその後を書いてほしいぞよ。

全3件中 1 - 3件を表示

薙野ゆいらの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

金蘭の王国 約束の日は遥かに (角川ビーンズ文庫)はこんな本です

ツイートする