魔法書の姫は恋をする 守護者の誓い (角川ビーンズ文庫)

著者 : 薙野ゆいら
制作 : もぎたて 林檎 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011年8月31日発売)
4.00
  • (4)
  • (8)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 36人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044527105

作品紹介

ソフィアは、最愛の兄を捜すために入った組織の"騎士"で相棒のアレクシスと、大学生活を送っていた。そこに新たな図書館長が赴任してくる。その正体はアレクシスの父。親子の確執を知り、策を講じるソフィアだけれど、アレクシスが婚約者と密会しているのを目撃してしまう。動揺を隠せぬまま、アレクシスと共に任務に向かうことになり!?「この気持ちが恋なの!?」アレクシスの秘密にも迫る、揺れる恋心満載の第2弾。

魔法書の姫は恋をする 守護者の誓い (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 第2巻を読破。

    今回はアレクシスのお家事情が明るみに。

    お父さんが〈闇の書庫〉の副総長に就任。

    アレクシスとラトクリフ子爵のギスギスした関係をどうにかしたいと思うソフィアは――?

    という展開。

    書物盗賊やら、物語本を焼き払う馬鹿商人やら、肝試しとか、事件は目白押し。

    ソフィアの兄の妹バカっぷりも遺憾無く発揮されてます(笑)

    そういえばネリーさんはソフィア嬢のことでラトクリフ子爵に借りがあると思っているみたいだけど。

    実は違うんじゃないかな?

    ラトクリフ子爵がネリーさん見て反応してたし、フィンレイさんもうまく答えなかったし。

    それにしても、やっぱりネリーさんいいわー(*´▽`)

    いろんな特技持ってるし、ご主人殴れるし(笑)

    アレクシスにつづき、ネリーさんの恋も応援し隊に入会したい。

    でも案外こちらはあっさり決まるかもしれないけど。

    フィンレイさんもただの妹バカじゃないみたいだし。

    ああ、でも今後の展開が気になりますね。

  • 今回は、本泥棒とアレクシスの家族のお話です。

    真面目だけどずれてるソフィアとアレクシス、シスコンのフィンレイ。冷静で多芸?なネリー。出てくる登場人物がみんな好きですが、やっぱり、リコス最高です。フィンレイにいじめられてる姿もかわいい。ソフィアのように、リコス日記書きたくなります!

    ソフィアは、アレクシスへの恋心を自覚したかなぁ。フィンレイもなんとなくネリーのことを好きそうな感じがするし、次巻はもっとラブ度UPを期待します。

  • 二人の恋がすこうしだけ動き出しました。 登場人物がみんなかわいく思えてしまう作品。 アレクシスの親子が良かった。今度は是非弟も見てみたい。

全4件中 1 - 4件を表示

薙野ゆいらの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

魔法書の姫は恋をする 守護者の誓い (角川ビーンズ文庫)はこんな本です

ツイートする