ユヴェール学園諜報科 一限目は主従契約 (角川ビーンズ文庫)

著者 : 葵ゆう
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2009年10月1日発売)
3.25
  • (2)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :25
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044535056

ユヴェール学園諜報科 一限目は主従契約 (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これ、BL……?
    挿絵が樹要さんであるだけに、どう見てもBLにしか見えませんが(笑)。行き過ぎた友情と深すぎる信頼関係、ということなんでしょうかね。
    この作者の前シリーズは、話はともかく、扱っている術が気持ち悪くて一巻で挫折したのだが、今回は何とか……。でも、前シリーズもそこはかとなくBLくさかったようにも思うので、BLくさいのはこの作者のデフォルトなのか。そうなのか。
    いや、別に、BLダメなわけではない。むしろ好きだ。
    でも、ビーンズ文庫読むのにBLくさいのをあえて読みたいとは思わないのだよ。BLを読みたければ、BLを読む。ルビー文庫読みます。ただそれだけの話。

  • 回送先:川崎市立高津図書館

    読むだけの価値を有するかと聞かれたら、少々首を傾げますが、時間をつぶすにはいいのではないかと。
    もっともそれは、主従契約という言葉をめぐって、どのような解釈の糸口を見出すかにもよりますが(先行するレビューではBL臭いというご意見がちらほら、しかしそれは「主従関係」という言葉の解釈のミスリードでしかないと評者は考える)。

    読みながら、「いや、これ拉致だよ!」と叫んだとある俳優さんの声がエコーのようにこだましたのは余談ですが。

  • 学園ものなんですが、友情なのか恋愛なのかわからない関係に、どっち?って気になりました。

  • ビミョー。
    デビュー作わりと面白かったので新しいシリーズを買ってみましたが、中途半端です色々。少女小説なのか、BLなのか…ほんのりBLテイスト、と言うにはあからさまに狙いすぎだし、少女小説というには女子分が少なすぎてなんとも…

    設定とかは相変わらず独特で面白いんですが、つるつるっと滑って読んでるうちに終わってしまいました。あまり記憶に残らない…
    今後の展開で中途半端に狙わず、どれかひとつに絞ってとことん行く、と言うなら面白くなるかもしれませんが、これはちょっとお勧めできないな。

全4件中 1 - 4件を表示

葵ゆうの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ユヴェール学園諜報科 一限目は主従契約 (角川ビーンズ文庫)はこんな本です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする