家政夫は今日も眠れない (角川ルビー文庫)

著者 :
制作 : 麻々原 絵里依 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.37
  • (1)
  • (6)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 51
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044539030

作品紹介・あらすじ

住み込みのハウスキーパーとして働く柚葉は、雇い主で遊び人な社長の幸村が苦手。外では有能なくせに、家の中ではだらしない幸村からのセクハラにもめげずに頑張る柚葉だったが、ひょんなことから隠していた秘密を幸村に知られてしまう。それを逆手に「男と試したいなら相手してやる」と強引に押し倒された上に不覚にも感じてしまい-!?「うだうだ言ってねぇで、さっさと嫁にこい」ゴーマン社長×元気な家政夫のハイテンション・ラブ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ◎総合評価 3
    ◆ヒロイン? 2  ◆ヒーロー? 3
    ◆純愛 3     ◆情熱 2
    ◆さわやか 3   ◆セレブ 2
    ※一目ぼれ・・・なのか?純粋な受けとワル?な攻の意外とピュアなお話。

  • ★3・6
    読んだはずなのにあんま覚えてなかった;
    改めて読んでみて、面白かった!すんごい萌えツボ満載w嫁に来いとかもう!攻めが受けにメロメロって萌える~(笑)末永くお幸せにw
    あと麻々原さんのイラストステキですv

  • 同居だけど…なのは結構好きだったりするが、受けが嫌いじゃなくて強めなのが好きでした。
    攻めも本能のままに行かないところがなんとも素敵。
    あとは、脇キャラの伏線があるからにはこの作品、何かしらリンクしているんですよね?

  • 青年社長×ハウスキーパー。不器用ながらも誠実にお互いを思いあっている様子に好感が持てる。受けも攻めも本気の恋愛においては奥手で微笑ましい。登場人物は基本的に皆善人。ちょっとしたエピソードや言葉の端々に優しさを感じられる。温かく、幸せな気分にさせてもらえる一冊。

  •  ハウスキーパーとして働く柚葉は、新たに住み込みで働く先として紹介されたのは、遊び人な社長の幸村の家。
     外では有能なのに、家の中ではだらしくなく、柚葉にセクハラもしてくるし……で、柚葉は幸村を苦手としていた。
     しかし、柚葉は優しくされたのをきっかけに、隠していた秘密を幸村に打ち明けてしまう。
     それを逆手に「男と試したいなら相手にしてやる」と柚葉は幸村に強引に押し倒された上に、不覚にも感じてしまい……。

     という話でした。
     うまく説明できないんですが、ぶっきらぼうな男が時々優しくて、でもその人は遊び人で、こんなことはしなれてるんだろうな……って初心な柚葉が思い悩む……という感じだと思います!

     単純に考えて幸村はいい男だと思いますよ。
     無意識にしろ、何にしろ。

     柚葉が怯えてたら手が出せないし。
     誕生日だって聞いたら、わざわざ香港までの海外旅行連れてっちゃうし。
     髭が痛かったって柚葉に言われたら、髭そっちゃうし。
     これ以上酷いことしちゃいそうだからって距離を置こうとして、柚葉に勘違いされて逆に逃げられちゃうし……。

     文章にしたら随分かわいい人だよね。

     でも、態度はでかいし。
     何でもできるし。
     できることなのにしないし……。

     とまぁ、そんな感じで、初心な柚葉ももちろんなんですが、わかりやすいようでわかりにくい、幸村の方が随分かわいいよなー……と思ってしまいました。
     とってもよかったです。

  • 生涯雇用、俺だけの専属、セックス込みで、高級待遇の保証付きだ 203

  • <★3~4>
    社長×家政夫
    (篠塚幸村と高柳柚葉)
    世話焼き受け(?)、料理上手な受け(家事ができる受けとか)、好物です。
    …だから必然的に家政夫(ハウスキーパー)物とかにも惹かれちゃうみたい。
    攻めも受けもキャラ設定的に色々好みついてきてて私的にはすごく良かった。
    かまってほしい攻めとかvv(自分は柚葉に後ろからガミガミ言われながら追いかけて来られるのが好き…って・笑)大好き。

    話も楽しめました。読みやすかったし。一気に読めた^^

  • とても可愛いお話でテンポよく読めました☆

  • 2009/5/29購入。俺様社長×可憐家政夫。定番ですが、俺様な割に不器用極まりない攻が可愛かったです。最後の最後での受の反撃がごくイイ…!!(笑)

全10件中 1 - 10件を表示

夏目ももの作品

ツイートする