年上の恋人 (角川ルビー文庫)

著者 :
制作 : 木下 けい子 
  • 角川グループパブリッシング
3.44
  • (11)
  • (11)
  • (33)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 144
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (274ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044540029

作品紹介・あらすじ

眩いばかりに若くて野性的な6歳年下の幼なじみ兼恋人の及川悦郎。しかし5年前、悦郎に告白され、熱情に流されるようにしてセックスをしたあの日から、鳴沢水城は悦郎に対し罪悪感を持っていた。実の弟のように愛しんできた悦郎の将来を考えるなら、あのとき大人の自分が彼を拒むべきだったのではないか…と。耐えきれず悦郎のために別れを切り出した水城だが!?「なぁ…言えよ。二度と離れないって。オレなしじゃ生きていけないって」一途な年下の男×大人の男が贈る情熱的なラブストーリー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 前半は切ない水城の気持ちの切々さや悦の頑なな一途さとかいい意味で泥臭くて。

    お姉さんの事やお母さんの事が切ないながらもそれでもやはり家族ってこうなんだなって、BLだけどそれだけじゃなくてもっと人とのかかわり方を読めたいい作品。

    本編の後は、甘さ中心ですごく良かった。
    甘いだけじゃなく、大人だからこその葛藤や思うからこその歪が効いてて、読み手を飽きさせない。

    こんな風に人と関われたらきっと最後は幸せだったと思えるのかなぁ。

  • 写真家×アートプロデューサー。6歳の年下攻めの10年愛。受け、攻めともに臆病で慎重で真面目で誠実で愛するがゆえに狡くて弱い。全体を通して常識とすれ違いと保身のためにかなり切ない展開。皆が収まるところに収まって、できすぎるくらいの結末だが、どこか切なさは付きまとう。カタチを残すことのできない同性愛者は常に不安と背中合わせで生きていくのだろう、と、しんみり考えてしまう一冊。

  • 6歳年下で、赤ん坊の頃から知っている。年上であるが故の罪悪感。捨てられるんじゃないかと弱気になって、逃げ出して。恋人はまだ子供だと思っていたら大人になってた。それから5年後の姿も描かれていて、なんか安心した。最後にモモのボーイフレンドを見たかったわ。

  • 後半のベタベタぶりは割と好みだったけど、ネガ過ぎる年上受けに説得力を感じなくて盛り上がれなかった…してやったりな進路シーンとかも良かったんだけどなぁ

  • ノベルズ文庫化(太陽の恋人)
    及川悦郎×鳴沢水城 幼なじみ6歳年下攻め

    悦郎の将来を考え別れを切り出す水城。

    マイレージキャンペーンのポイント欲しさに購入の為、流し読み。
    いずれ再読したい。

  • 6歳年下の幼なじみから告白され恋人になって5年。しかし年上の水城は実の弟のように愛しんできた悦郎の将来を考えるならあの時自分が拒むべきだったのではないかと悩んでいて…。一途な年下攻めとクールビューティの10年間。

    水城の母親や姉、姉の娘、しぶしぶした見合い相手なども出てきて、登場人物が男性ばかりというBLの中では水城の生活が見えてよかった。その分、心の襞やその気持ちの移り変わりが丁寧に書かれていた作品だと思う。

    岩本先生も好きな作品と書いてありましたが私もとても好きな作品です。

  • 番(つがい)という言葉に萌えました。
    男同士では夫婦というより番と言ったほうがしっくり来ます。

  •   萌   え  !

  • ★3.5
    読了日:? 出版日:11/2008

  • ビーボーイノベルズ「太陽の恋人」(杜山まこ/イラスト ビブロス2003年2月刊行)の文庫化。
    書き下ろし有。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1963年東京生まれ。本業のコピーライターのかたわら、webマガジン「ひなびた温泉研究所」を運営。日本全国のひなびた温泉をめぐって取材をしている。
ひなびた温泉研究所ショチョーとしてBS日テレ「中川翔子のマニア☆まにある」、TVK「サタミンエイト」、文化放送「くにまるジャパン/おもしろ人間国宝」、TBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」等に出演。

「2018年 『戦国武将が愛した名湯・秘湯』 で使われていた紹介文から引用しています。」

年上の恋人 (角川ルビー文庫)のその他の作品

岩本薫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする