佐和山物語 あやしの文と恋嵐 (角川ビーンズ文庫)

著者 : 九月文
制作 : 久織 ちまき 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2009年6月1日発売)
3.63
  • (8)
  • (12)
  • (17)
  • (3)
  • (0)
  • 94人登録
  • 11レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044545024

作品紹介

戦国の熱気をはらむ世の初め。大名家の姫・あこは、超美形の許婚・直継にお嫁入り…のハズが、祓いの力を持つ彼の周りはモノノケだらけ。しかも、あこ自身がいわくつき&モノノケ体質のため、直継と別居することに。久々に再会した幼馴染のイイ男・小一郎は、「辛くないか?」と優しいけど、必死で会いに行った直継は冷たい。そんな心の隙間を、直継の宿敵・石田三成に狙われたあこは!?第6回ビーンズ小説大賞優秀賞&読者賞W受賞シリーズ。戦国ラブファンタジー第2弾。

佐和山物語 あやしの文と恋嵐 (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 佐和山物語二巻。
    あこの幼馴染みである小一郎が出てきました。
    私的には直継さんより小一郎さん派。
    しかしあこちゃんには幸せになって欲しい…。

  • 前作に無理矢理こじ付けたのかなぁという設定が…。
    でもちょっと三角関係っぽくなって直継の嫉妬が可愛かったので次巻に期待。

  • ちょっと言葉足らずなところもあるけれど、それぞれの苦悩がよく書かれている。あんまり子供っぽくなさすぎないのもいい。

  • シリーズ2巻。

    主人公の破天荒ぶりが、自分と合わない。
    頑張ってみたり、落ち込んでみたり……落差の大きさに、イライラしてしまう。
    まだ2巻だからかもしれないが、「3ヶ月のタイムスリップ」の意図が分からないのも、またイライラ。

    続き、どうしようかな……すでに完結しているみたいだし、どう終わるのか気になるので、気が向いたら、まとめ読みしてみる。

  • シリーズ二作目。
    幼なじみが出てきたよ。結構シリアスな感じで好きだなー。

    初版/2011.7.19 購入/2011.7.22 読了

  • いつかは帰らなければいけない、それでも惹かれていくあこと直継が切なくてたまらないです。

  • シリーズ2作目

  • 元の時間に帰ることなく、三ヶ月前の世界で暮らし続けるあこ。直政に迷惑がられているだけではないと知り、嬉しく思っていた矢先、安全のためとはいえ別居?!
    侍女に変装して直政に会いに行けば、采女の兄と名乗る男にはからまれるわ、直政には冷たく「帰れ」と命令されるわ、心はふさぐ。
    この世界にはこの世界の自分が“直政の許婚”として存在し、どんなにこの世界の直政に惹かれても、彼の許婚はこの自分ではないのだと認識すると、どうしようもなく悲しく思うのだった。
    一方、三成は三成で、同じく無念のうちに散った盟友・大谷吉継を呼び出し、さらなる復讐へと歩み始める。

    (2009/10/17 読了)

  • たまたま本屋さんの新刊コーナーに置いてあって、表紙の雰囲気からすごく好みな気がすると思って、でも2作目だから1作目から読まねばと思ったのによく行く本屋さん数軒まわったけど置いてなくて、しょうがないから2作目から読んだ。
    2作目から読んでもある程度わかります。でも1作目、大きな本屋さんに買いに行きました。でも2作目読んじゃってたので、読んでる本中断できない性質なのでそのまま2作目読んだけど。
    まあ意味のわからない前置きはそこまでにして、すごく良い。やはり好みだった。
    ラノベとかって主人公とか好きになれないともやもやしちゃったりまあそういう感じなので(こういう恋愛が絡んでくるのは)、
    主人公のあこがすごく自分的に好きなキャラだったので、なおさら良かったです。
    あこが元気な暴走キャラっていうだけじゃなくて、シリアスな部分もきちんと持ってていいなあと思ったり。
    あと幼なじみの小一郎が好きすぎる。直継とあこのやりとりとかすごくほほえましいんですが、小一郎はヤバイと思いました。
    守ってくれて、んでいつでも戻ってこいみたいなそういう気遣いされたらやばいです、すごくいい!!たまらん!

    総括して、おすすめです。次巻が楽しみ!

  • かわいくてかわいくて!

全11件中 1 - 10件を表示

佐和山物語 あやしの文と恋嵐 (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

九月文の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする