封印の女王 永遠の翼は約束の空へ (角川ビーンズ文庫)

著者 : 遠沢志希
制作 : 梶山 ミカ 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2009年11月2日発売)
2.75
  • (0)
  • (1)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
  • 25人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044546038

作品紹介

結婚問題が持ちあがり、レオンハルトのことが気になるアダリアの若き女王リーゼロッテ。そんなとき王宮に魔法を使う謎の青年ルカが乗り込んでくる。「王の座を譲れ」と脅す彼の手には、魔翼人ヘクデスの力が込められ、傷つけた者を魔に堕とすという魔剣が握られていた。リーゼロッテを守ってレオンハルトもその剣に傷つけられてしまい-!?アダリアを守る半人前女王リーゼロッテの最後の戦いがはじまる!運命の完結巻。

封印の女王 永遠の翼は約束の空へ (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 第3段、最終巻。
    飽きずに読み終わりました。
    なんだかここまで話を続ける必要があったのかなー?と言う感じでした。

  • 今回の表紙も良かです。帯に「運命の完結巻」とあります。おお、これでもう続きを待たなくてもよいのだな~♪、と思いながら読みました。
    3巻に渡るお話の中身は、王たるものの使命に目覚めた王女の成長譚です。それに美貌の騎士兼宰相との恋愛をからませて書いてあるという。最後甘甘で砂吐きまくりですよ。 策略家の大司祭の出自に関してはなんだか取ってつけたようでありゃま!でしたがね。

全4件中 1 - 4件を表示

遠沢志希の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

封印の女王 永遠の翼は約束の空へ (角川ビーンズ文庫)はこんな本です

ツイートする