赤き月の廻るころ 月明かりの誓い (角川ビーンズ文庫)

著者 : 岐川新
制作 : 凪 かすみ 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011年12月1日発売)
3.62
  • (7)
  • (3)
  • (8)
  • (2)
  • (1)
  • 48人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044547097

作品紹介

「おまえは戻ると言っただろう…なら、俺のところに帰ってこいッ、レウリア!!」三国会談を控え、国を離れることができないジェラールを残し、凶悪な陰謀を企てるセラルークのもとに向かったレウリア。ジェラールへの愛を誓いながらも、平和のために危険な戦いに独り立ち向かうことを決意していた。一方ジェラールも、レウリアへの愛と任務の間で激しく葛藤するのだが-!?グランド・ラブロマン、衝撃の完結巻。

赤き月の廻るころ 月明かりの誓い (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 完結巻。毎度似たような展開でご都合主義っぽいけど、大団円。ジャウザも救われた感じでよかった。レウリアとジェラール、我慢してたんだね。ロクソンへの里帰りは短編集へ続く、なのかな。

  • 巻を追うごとに意味不明になってきたんだが、まあ、何とか大団円で纏まったようで。ご都合主義なのは少女小説ならでは、かな。それはそれでいいと思いますが。このレーベルで変に現実的なことやられても、だし。

    あと、前の巻で野外プレイで致したのかと思っていたら、そうじゃなかったので「あれ?」となった。
    そりゃ、少女小説でお初が野外とかないよね……。

  • 9巻目。最終巻です。

    ジェラールの元から抜け出して、一人でセラルークの元に向かったレウリア。勝手なことをするのは、いつものことですが、敵の罠にはまって、魔法陣に捕らわれてしまいます。ほんとに、もう・・。

    ジェラールはすぐにレウリアの元に向かうかと思ったのですが、ここに来て大人になったみたいで、三国会談の成功の方を優先させます。

    三国会談を成功させたあと、向かった先でレウリアを見つけたときのジェラールの取り乱し方は、他の同行者が意外と落ち着いているのを見ても、ほんとにレウリアのことを好きなんだなぁと、ちょっとレウリアがうらやましいです。

    レウリアがジェラールの声を聞いて元に戻るのは予想してましたけど、奇跡の力は、予想以上でした。敵二人のその後も予想外でしたし。

    なにはともあれ、解決後、勝手にレウリアとの婚約を発表しましたけど、海賊船での中と神殿の中でレウリアと結ばれていなかったのには驚き。絶対結ばれていたと思ってたんで、ジェラールの我慢強さに脱帽です。

    次巻1月1日には、短編集が出るとのこと。
    甘い結末があるみたいで、今から楽しみです。

全4件中 1 - 4件を表示

赤き月の廻るころ 月明かりの誓い (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

岐川新の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

赤き月の廻るころ 月明かりの誓い (角川ビーンズ文庫)はこんな本です

ツイートする