夜が明ける前に (角川ルビー文庫)

著者 : 高塔望生
制作 : 祭河 ななを 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2009年9月1日発売)
3.39
  • (1)
  • (6)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
  • 50人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044549015

作品紹介

秘書の仁科は、経営再建のため新社長となった高校の先輩で初恋の人でもある新堂と再会する。かつての淡い恋心が甦るが、傲慢なエリートへと変貌した新堂は、過去の秘密をバラさない代償として仁科の体を要求してきた。「今度こそ、俺のものだな?」-独占欲にも似た熱い抱擁で、仁科に初めての快楽を与える新堂。体を繋げるだけの関係に虚しさを感じる仁科だったが、全てを奪い尽くすような新堂の激しい執着に、本当の理由があることを知り…。社長×秘書で贈る濃厚ラブ。

夜が明ける前に (角川ルビー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ダン箱整理中未登録につき再読。内容を全然覚えていない自分にやっぱりねと笑うしかないw 経営コンサルタント会社社長・新藤×再建会社側の秘書・仁科。2人は高校の先輩後輩で… 両片想いのすれ違い再会愛です。お仕事部分がしっかりでそれは面白くていいんですが、2人の恋愛部分が最後に一気に畳み掛けた感じがするのでそこがもったいない。あのいきなりの告白場面は面食らってしまった。

  • 再会もの

全2件中 1 - 2件を表示

高塔望生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
かわい 有美子
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする