王子はただいま出稼ぎ中 竜と指輪と賞金首 (角川ビーンズ文庫)

著者 : 岩城広海
制作 : サマミヤ アカザ 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010年7月1日発売)
3.58
  • (7)
  • (6)
  • (16)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :92
  • レビュー :11
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044550172

作品紹介

姉の結婚式に参列するため隣国を訪れたユート達は、『お化け神殿』の噂を耳にする。タジェスはロマンを、ユートはお宝を、イルは王子の側にいるためと、各々の理由から探検に乗り出す3人。その上、ひょんな事から賞金5千万グランの大盗賊の存在を知ったユートは「とっ捕まえて、5千万グラン丸儲けだ!」と鼻息も荒く言い放つ。しかし事態は急展開!?ユートの意外な弱点もばれちゃう、借金返済ファンタジーの第2弾。

王子はただいま出稼ぎ中 竜と指輪と賞金首 (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 姉のために頑張って稼いで嫁入り道具をそろえたけれど
    予想よりも相場が上がったために大ピンチ!

    姉が結婚式を挙げるまで、考える事はどう返していくか。
    一攫千金を夢見て(?)遺跡に行くわ
    盗賊を捕まえる算段をするわ…。
    そしてやはり女の子に間違えられるわ(笑)

    今回驚きの弱点も出てくるわけですが
    確かに…殴れない存在です。
    さらに今回もたらしこみ?w
    手を貸す要因で出てくるのか、一応これで終了なのか。
    残りの姉達はどうなるのか!?
    お屋敷で出会った令嬢も…そっちの方ですか、そうですか。

  • どうしても 被る んだよね。
    とある作品と。
    全く違う作品なんだけど、なんかツボが違うのかなー。

    今回は幽霊屋敷から姉の結婚先と近い場所という所で騒ぎ。
    実際は賞金首をかけて出稼ぎしようとしているが、その賞金首 カーマイクル と知り合いになるし。
    無事に姉の結婚は済み、自国へ帰るのだけど。
    まだまだ借金は多額で。
    帰ったら借金返済で、出稼ぎ王子をするんだろうなぁ。

    爆笑ネタ、もう少し欲しいなぁ。
    惜しいな、岩城氏。
    伏線バレバレだもの。

  • 2012年9月27日読了

    家族思いで、完璧に見えて実は苦手なものがあるユートの姿が可愛かった。あれは過去に姉たちに何かさせられて苦手になったんだろうか。
    あと、タジェス。君は揺らがなさすぎだ(笑)ことあるごとにユートを口説く姿に、溺愛っぷりがうかがえます。あれは顔がドストライクで、男前なユートの性格やからかって楽しい部分も好きなんだろうなー。ユートがちゃんとタジェスを見て相手をしてくれるのが嬉しいのかも。

    盗賊団はまだまだこれからも絡んできそうな…予感?
    まだまだ王子の借金返済は終わらなさそうである。

  • ユートの弱点が発覚。

    まぁ、おなじみの展開ですが・・・。

    イルがだんだんウザくなってきました。

    いつもなら馬鹿な子ほど可愛いと思う私なのですが、

    馬鹿というより空気読めない感にイライラし始めました。(笑

    借金も増えちゃってどうなるんだろうか・・・。

  • タジェスの立ち位置が安定してきたら、3人のやりとりがかなり面白いということを発見(笑)新キャラもかなり魅力的で、みんな好き!この作品のキャラは順位がつけられないです^^ストーリー云々よりもやはりキャラクターに目がいくなあ。

  • シリーズその2。貧乏国の王子が借金返済のためにこっそり傭兵として出稼ぎに出たりする話なんですが、今回はむしろ借金増やして終わってしまってる(笑) すでに11月に三巻目が出る事が決まってるみたいなんで、それも楽しみ~。

  • シリーズ第2弾ですが、またも隣国に訪れてました。
    ちょっと先が読める感じで、ユートがお化け嫌い(怖い?)だったり、筋骨たくましいおじさんが実は元盗賊リーダーだったりとかってのは、読めましたけど、盗賊が偽物だったのは読めませんでした。

    タジェスがBLの臭いを醸し出しているのは、私的には余計なんですけど、ユートがそれに負けないくらい乱暴者なんで、まだ大丈夫です。耐えられます。

    それにしても、イルのバカッぷりにはイライラしっぱなしです。空気が読めなさすぎて、ほほえましいのを通り越して、ユートと同じくどつきたくなります。これで、ここ一番の時には役に立ってるからいいですけど、剣にならないままだったら、もうダメダメですね。

    せっかく本物の盗賊から、お詫びの印にと高価な指輪をもらったのに返しちゃって、借金がさらに膨らんでしまってましたので、まだまだ出稼ぎは続くのでしょう。
    次の第3弾を楽しみにしてます。

  • ユートはできた王子だなと再確認。姉思いの優しい子でした。

  • ユートがモテモテですなぁw
    BLテイストのラノベじゃなければなぁ!
    裏切り者への処分が甘すぎて、この国長生きできなさそう…
    と思いつつも、読みやすくて物語も軽快だし
    面白かったと思います。

  • 今回は、1グランも稼げずじまいで残念なユートです。
    グラッド爺さんとカーマイクルは、準レギュラー化して欲しいほど、印象深いキャラでした。

全11件中 1 - 10件を表示

王子はただいま出稼ぎ中 竜と指輪と賞金首 (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

岩城広海の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする