王子はただいま出稼ぎ中眠れる従者と精霊の森 (角川ビーンズ文庫)

著者 :
制作 : サマミヤ アカザ 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.11
  • (2)
  • (3)
  • (9)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 60
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044550370

作品紹介・あらすじ

「-誰に剣を向けているっ!主の顔を見忘れたか!?」ユートの腹心の部下でパートナーでもあるイルが、原因不明の病に倒れ大ピンチ!!初めての事態に動揺するユートは隣国の王子・タジェスに元気づけられ、再びイルを元に戻すために気持ちを切り替える。そして新たに加わった竜に乗った大盗賊・カーマイクル達と共に、空中に浮かぶ『飛び島』へ向かうことになるのだが-!?主従の絆が試される、急展開の第4弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ユートのお付きであり、精霊の剣でもあるイル。
    イルの調子がオカシイ。
    そして。
    人形として具現化出来ない程になり、精霊の剣へと変わったまま。
    ユートはこの事態を納めるべく、初めてイルと出会った場所に赴き、アークと出会う。勿論タジェスも同行。
    カーマイクル(2巻に出てきた盗賊の頭)が連れて来たアーク。
    アークはハルピュイアを消滅させてくれとユートに頼む。
    消滅すればイルは元に戻るとも。

    精霊の種を封印し直す。
    これが今回のミッション。それでも金稼ぎはしている様子だけど。
    なんだかんだと、精霊の地にて、暴走をするイル。
    ユートに向かって険を向け。
    あろう事かタジェスに傷を負わせてしまう。
    が、現在に戻れば、傷は綺麗に消えて。
    勿論イルも元通りに無事天然を発揮してます。

    裏で糸をひくレイドと、ラシェンナンにパトロンのヴェスカ。
    ちょこっと最初と最後に出てきますが…
    どう絡めるのかなぁ。

  • とうとう出稼ぎしない王子。
    主従の絆って、もうちょっと追い詰めてカタルシス作って欲しかったなあ。
    新キャラはいい感じに設定できてて楽しかったけど。

  • 2012年9月30日読了

    今回はユートとアークの活躍回。
    タジェスもカーマイクルもいるけれど、ちょっと存在感が薄い…(;一_一)
    タジェスはかっこいい所があるのに、ユートに蔑ろにされまくってるせいもあるんだけども(笑)でも、やっぱりいつでもどこでも体を張ってユートを守るんだなぁと思った。タジェスは全部本気なんだろうけど、いつかその想いが報われる日が来るのだろうかwww

    しかし、途中のリーシャ姫の描写が意味ありげ。
    あと敵方もそろそろ大がかりなことしでかしそうで不穏な雰囲気…。

    王子は順調に借金返済できるのでしょうか…(>_<)

  • イルが反逆?・・・な4巻。

    言うほどではなかった気がしますが。

    イルが使えなかった分、タジェスが頑張ってました。

    まさかのカーマイクル再登場で、

    キャラが食われた感が・・・。

    森とか種についての描写が少なくてちょっとわかりづらかったのが残念。

    あんまり風景描写ないね。

  • 従者のイルがまさかの反逆…!?な王子はただいま出稼ぎ中、第4弾。

    いつもは強気なユートが、今回珍しく動揺して弱ってました。
    そんな4巻は、出稼ぎとはちょっと違う感じでしたが、最終的には報酬をもらっていたし、出稼ぎと言えなくもないのかも。

    ユートとイルの絆がいかに強いのかがわかるお話でした。

  • 4巻目です。
    今回はユートの愛剣?イルにピンチが訪れ、イルを助けるために精霊の種の元に向かってました。確かに報酬はダイヤモンドの原石でしたけど、これって出稼ぎとはいえないような?

    あと、やっぱりタジェスの言動が、どうもBLくささを醸し出してて、私的には微妙な感じです。新キャラのアークは、とうとう正体不明のままで終わりましたが、いったいどういう方なのかは気になりました。

    次に続きそうな黒幕も出てきてますが、私はどっちかっていうと、精霊とかの異世界の話より、最初のお話みたいに、普通に出稼ぎしてる話の方が好きです。

全6件中 1 - 6件を表示

王子はただいま出稼ぎ中眠れる従者と精霊の森 (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

岩城広海の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする