花は桜よりも華のごとく第三幕・鬼炎万丈 (角川ビーンズ文庫)

著者 :
制作 : サカノ 景子 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.71
  • (6)
  • (8)
  • (8)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 61
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044550387

作品紹介・あらすじ

強引にでもいい。触れて抱きしめて、自分のものにしたい-戦国の世の狭間。行方不明になった能の名門一座の次期太夫、蒼馬を追って、京を発った男装の天才舞姫、白火。潜り込んだ荷馬車の中で眠ってしまった白火は都を騒がす悪党「土蜘蛛」の頭、朱鬼に拾われる。しかし、鬼のすみか、大江山で再会した蒼馬は「ここがどこだかわかってるのか!!」と白火に冷たくて!?第8回ビーンズ小説大賞、読者賞受賞の能楽恋絵巻、第3幕。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • よかったー
    さらわれるのが癖になるのかとびくびくしたよ
    土蜘蛛ってそういう方向の話だったのかと一つまた学んだ
    皇子が帯刀だといいのかな、こじれるのかな

  • 次巻は帯刀様再登場?今回の新キャラも素敵。

  • 蒼馬の過去が明らかになりました。
    白火の天然たらしっぷりも明らかになりました。
    やっと蒼馬とラブラブか!?と思いましたが、惜しかったですね。

    朱鬼はどうなってしまうのか・・・。
    瑪瑙さんと幸せになってほしいですが、朱鬼は鈍いですから。
    次巻は、帯刀様登場ですかね。楽しみです

  • 蒼馬さんの出生にからむお話の前編。今回のゲストさんは白火の魅力の虜ではないようでちょっと一安心。毎回ライバルが増えて行ったら蒼馬さん大変(笑 でも今回のゲストさんも好きだなー。最近土蜘蛛の舞い道具見てきたばっかりだから、面白かった^^
    それにしても蒼馬さん、色男なのに何気に自信ないのね。かわいいけども、ちょっと意外。

  • 前巻では帯刀皇子に囚われの身になっていましたが、今回は、蒼馬の過去にもつながる義賊の「土蜘蛛」の本拠地でのお話です。

    新キャラ朱鬼のキャラが立ってます。こういう人嫌いじゃないですけど、ちょっと強引過ぎましたかね。瑪瑙への気持ちに早く気付いて欲しいです。

    白火と蒼馬の仲もいいところまで行きかけていたのに、途中で邪魔入って残念。

    土蜘蛛の本拠地に攻め込んで来た帝の軍隊ですが、こんなとき役に立ちそうな帯刀皇子、出てこないなぁって思っていたら、最後にちらっと出てきました。敵方かぁ。

    けど、今回って続き物なんですよね。これまでちゃんと1巻完結してたのに、続きが気になって仕方ないです。次は7月かぁ。長いです。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

第8回角川ビーンズ小説大賞〈読者賞〉受賞。『花は桜よりも華のごとく』でデビュー。

「2017年 『青春カフェテリア Sweet-Novels』 で使われていた紹介文から引用しています。」

花は桜よりも華のごとく第三幕・鬼炎万丈 (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

河合ゆうみの作品

ツイートする