傲慢は紳士のたしなみ (角川ルビー文庫)

著者 : あさぎり夕
制作 : あさと えいり 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011年12月28日発売)
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • 20人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044550585

作品紹介

外国在住の「あしながおじさん」との対面を夢見て英会話スクールに通う昴だが、ハンサムな人気講師・レイモンドは、昴にだけ何故か意地悪。そんな折、夢に見たあしながおじさんとの面会の機会が訪れるが、その場所に現れたのは、まさかのレイモンド…!?しかも彼は昴を自分の右腕にすべく、自分の許に引き取ると言い出した。愛情深い「あしながおじさん」と傲慢なレイモンド-二つの顔に戸惑う昴だが、ある夜、彼に「私は君の所有者だ」と強引に押し倒されてしまい…。

傲慢は紳士のたしなみ (角川ルビー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • memo: ポストカード

  • 攻め:レイモンド・カーティス
    受け:榎本昴


    孤児で育った昴は名前も知らないあしながおじさんからの援助で高校、大学に通っている。
    将来の為と通い出した英会話教室では外国人講師・レイモンドと反りが合わなくて…。



    あさぎり先生特有のトラウマ・過去あり物。
    でも全く重くならないのはキャラが根暗じゃないからなのかな。世間を穿った見方をしていても根が素直なのかな、小気味いい。
    合理主義のレイモンドが昴を引き取った理由を昴が理解した時の描写が少し簡単過ぎたような感じだったけど。そしてその理由もあまりにも軽い理由に感じたけど。

    エチ場面が昔に比べてねちっこくなくなった気もするけど。
    でも好きな先生です。


    あさと先生の絵も柔らかくて合ってたと思う。

全2件中 1 - 2件を表示

あさぎり夕の作品

ツイートする