神は沈黙せず(上) (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.94
  • (66)
  • (59)
  • (60)
  • (4)
  • (3)
本棚登録 : 457
レビュー : 56
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044601133

作品紹介・あらすじ

幼い頃に理不尽な災害で両親を失って以来、家族で信仰していた神に不信感を抱くようになった和久優歌。やがてフリーライターとして活動を始めた彼女はUFOカルトへ潜入取材中、空からボルトの雨が降るという超常現象に遭遇する。しかしこれは、「神」の意図をめぐる世界的混乱の序章に過ぎなかった-。UFO、ボルターガイスト、超能力など超常現象の持つ意味を大胆に検証、圧倒的情報量を誇る一大エンタテインメント。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  山本弘のハードSF小説です。<br>
     また様々な超常現象の見本市のような、超常現象小説でもあります。<br>
     物語は、一人の女性が、神の存在が明らかになり、神が何を考えているかについて一つの有力な仮説が世間にひろまった頃、神の顕在と加古沢黎の引き起こした事件について回想するというもので、形式は回想録形式。<br>
     この冒頭がぐっと読者を引きつけますね。<br>
     神の顕在?<br>
     神の真意?<br>
     加古沢黎の事件?<br>
     この三つが物語の大きな骨子であることを読み手に伝えることで興味を引くように作られているのですが、実際読み始めると先が気になって頁をめくる手がとまらなくなります。<br>

  • 幼いころの両親を亡くした災害をきっかけに、神に不信感を抱くようになった兄妹。兄は、科学者として、世界を模したシミュレーションゲームを開発し、神の意図を探り、妹はフリーランスのライターとして宗教組織などに潜入したり、オカルトや超常現象について調べ、神とは一体何かを明らかにしようとお互いに考え続ける。世界では次第に奇妙な現象が増え始め、兄妹は、神とは何か、なぜこんなにも奇妙な現象ばかりが起こるのかということについて糸口を見つけ出す。

  • どこまで事実に則し、どこから架空の話か渾然となったドキュメンタリー風SF。ストーリー展開そっちのけの薀蓄満載で読み応えは十分。

  • 莫大な情報量にあっとうされた。

  • 進化をシュミレーションしたゲームをつきつめていくうちに、何か(神の存在)に気づいていく科学者。
    その妹である主人公は、ライターで、新興宗教の教団にもぐりこみ、何が人々をかりたてているのかをさぐろうとする。

    ふたりの根底にあるものは、幼いとき、水害によって理不尽に両親をうばわれ、幸せを打ち砕かれた日のトラウマ。

    そこに天才的な頭脳を持ち、ネットの寵児となる男や、主人公の親友で人の感情を読むことに長けた葉月らがからむ。最後にとんでもない超常現象がおこるところで一巻は終了。

    あいまあいまに、これまでの実際にあったカルトの事件やUFO目撃談の報告(その多くが嘘や思い込みだという)などの膨大なうんちくが語られていく。どうかなと思ったけどおもしろく読んだ。

  • かなりの期待を持って読んだ本。
    期待通り面白く、そして不気味。
    神は果たして存在するのか、宇宙の始まりは…など、永遠の謎がテーマ。
    オカルト要素が満載ですが、
    UFO、宇宙人、超常現象などに猜疑の目を向けて
    「ないだろう」の角度から話が進むので、更に探究心が高まる。
    宇宙の事を考え始めると本当にキリがなく、頭がひたすらグルグルとする。
    宇宙箱庭説とか、かなり怖いよなー。
    何だか謎は謎のままでいいような気もするのですが、
    それでも宇宙に魅せられてしまう。
    下巻は続きます。

  • この世界がシミュレーションというのは見かけたことのある設定だけど、この作品はそれに様々なリアリティを付与しているのが面白い。
    UFOなどの超常現象、哲学、量子力学などについての面白い話もたくさん書いていて、知っていることもあったけど面白かった。上巻のラストはまさかの赤ちゃん落下で血の気が引いた

  • 一般相対性理論、量子力学、ウェッブの網目、フェッセンデンの宇宙、ハイ・ストレンジネス、中国語の部屋、アーフとミーム・・・次々と学術論文的な難解な用語や理論が飛び交い、膨大な情報量に脳がしびれた。

    SFと言えばスターウォーズやホーキング博士の宇宙冒険ものをイメージしていたので、理系男子が好むSF分野の超大作に度肝を抜かれた。

    裸の子どもがたくさん空から降ってくるという超常現象の真っただ中で上巻が終わってしまったので、物語の収束先が気になって下巻への期待が高まった。

  • 2015.11

  • レビューは下巻で

全56件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

作家。2003年に本格SFにして著者初の四六判ハードカバー『神は沈黙せず』(角川書店)を刊行。同作は読者の話題をさらい、日本SF大賞の候補となった。また2006年5月に刊行された単行本『アイの物語』(角川書店)も各書評家に絶賛されている。

「2018年 『怪奇探偵リジー&クリスタル』 で使われていた紹介文から引用しています。」

神は沈黙せず(上) (角川文庫)のその他の作品

山本弘の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
山本 弘
グレッグ・イーガ...
有効な右矢印 無効な右矢印

神は沈黙せず(上) (角川文庫)に関連する談話室の質問

神は沈黙せず(上) (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする