ロードス島戦記―灰色の魔女 (角川文庫―スニーカー文庫)

著者 :
制作 : 出渕 裕  安田 均 
  • 角川書店
3.74
  • (81)
  • (71)
  • (154)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 709
レビュー : 76
  • Amazon.co.jp ・本 (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044604011

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • かつて自分をファンタジー小説の世界へ引きずり込んでくれた大恩ある一冊。

    うん十年ぶりに再読。さすがにいろいろと首をかしげたくなるところも。

    まずロードス島。島というには王国が何個もあったりして、大陸レベルなんじゃないかなぁ。
    あと集団の戦争で王同士が一騎打ちってねえ。ありえないでしょ。

    ウッドチャックをみすみすとり逃がすのもありえないかな。スレインかディードが足止めできたはずでしょうに。

    とまあどうでもよい文句書いたけど、それ以上の魅力があることは間違いないです。

  • 中学時代の親友の影響で読んだシリーズ。剣と魔法の世界に夢中だった。登場人物が立ってて面白し。また読みたくなってきた。

  • ディードかわいいよディード

  • 日本における冒険ファンタジーの原点と言える作品ではなかろうか。剣士や魔術師、神官に盗賊、エルフにドワーフ、違う能力・種族の仲間が集まっての冒険。

  • 久しぶりに読み返した。
    面白い。
    ちょっと展開が早過ぎる(内容が軽い)ところはあるけど。
    小学生のころ、夢中で読んだのを思い出した。

  •  ライトノベルを読み始めるきっかけとなった本です。まさに、剣と魔法の正統派ファンタジー。自分の中でも、色々と原点になった本だと思う。

  • ロードス島を舞台に島中旅をし、灰色の魔女を追いかける物語。
    自分がライトノベルにはまるきっかけを作ってくれた作品。

    この小説を読んでいなかったら、ここまで読書を好きになれなかったと思う。

  • 私がテーブルトークRPGを知るきっかけとなった作品です。最初は、闘うゲームマガジン「コンプティーク」に「リプレイ」という形で連載されていました。「リプレイ」とはゲームを行なったやり取りを、文章として起こしたものです。そのストーリーが小説になったものが、これです。日本のファンタジーの源泉ともいえる作品です。ロードス島戦記、ロードス島伝説、新ロードス島戦記、その他の外伝と続いています。

  • 思い出の一冊なので。ファンタジーに嵌ったきっかけかも?

  • 和製ファンタジーの基本の基本。全七巻(この本は一巻)初読み当時中学生だったわけですが、そのご4、5年ほど水野良に心酔してました。

著者プロフィール

1988年刊行の「ロードス島戦記」(スニーカー文庫)でデビュー。以降、「魔法剣士リウイ」シリーズ(ファンタジア文庫)、「クリスタニア」シリーズ(電撃文庫)などで、ファンタジー小説の旗手として活躍する。

「2018年 『グランクレスト戦記DO 英雄の系譜』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ロードス島戦記―灰色の魔女 (角川文庫―スニーカー文庫)のその他の作品

水野良の作品

ツイートする