ロードス島戦記〈6〉ロードスの聖騎士 上 (角川文庫―スニーカー文庫)

著者 :
制作 : 出渕 裕 
  • 角川書店
3.51
  • (31)
  • (28)
  • (113)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 436
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (311ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044604097

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 行間から漂うサイコロの目と補正値。
    故に行動に一貫性がないと感じられることもしばしば。

    そのために面白くないかと問われれば否と答えるかなぁ。

  • 少年時代を思い出す作品ですね
    作者が遅筆なのがとても印象に残っています

    RPG感覚です

  • いきなり主人公がパーンからスパークに代わり、シリーズを読み続けた人たちにとっては戸惑いと違和感を感じてしまう巻だろう。私がそうだった。
    これは作者にとっても冒険だったんだろうなぁと今になって思う。

  • 【ストーリー★☆/キャラ★☆/心理★☆/情景描写☆☆/没入度★☆】シリーズ第6巻。序盤のスパークの心情はまあまあ、中盤以降の小さなニースのはだめだめ。感情移入できず消化不良。次がラストかと思うと不安に。

  • 物語はパーンからスパークへ。

  • 新キャラが主人公で、上下巻構成なので、この巻では布石しかなく、あまり面白くはない。
    そして邪神復活ねえ。。。な~んか、安直というか。。。話自体を童話レベルに貶めるというか。。。

  • アシュラムにより再びマーモの手に落ちたアダン。フレイム王国の騎士見習いスパークが遭遇した宝物庫の盗難事件。手柄を立てるために単身戦いを挑み負傷するスパーク。カシュー王の叱責。盗まれた「魂の水晶球」。盗賊ライナが出会った犯人。ヴァリスへの使者、犯人追跡の任を帯びたスパーク。傭兵ギャラック、傭兵のハーフエルフ・リーフ、魔道士アルド・ノーバ、マイリーの司祭グリーバス、盗賊ライナを引き連れての追跡。ダークエルフを補足。謎の少女の登場。小さなニースとの出会い。ヴァリスへの使い。襲われたヴァリスの宝物庫。

  • 読了。

  • キプロス、ロードス島などを舞台とした作品です。

  • 中学の時に4まで読んで、おっさんになった今、続編を読んでいる。下巻まで読破しないと何とも評価が難しい。下巻の盛り上がりに期待したい。

全13件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1988年刊行の「ロードス島戦記」(スニーカー文庫)でデビュー。以降、「魔法剣士リウイ」シリーズ(ファンタジア文庫)、「クリスタニア」シリーズ(電撃文庫)などで、ファンタジー小説の旗手として活躍する。

「2018年 『グランクレスト戦記DO 英雄の系譜』 で使われていた紹介文から引用しています。」

水野良の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする