ロードス島伝説―亡国の王子 (角川スニーカー文庫)

著者 :
制作 : 山田 章博 
  • 角川書店
3.58
  • (29)
  • (26)
  • (87)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 322
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (274ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044604158

作品紹介・あらすじ

英雄戦争から遡ること30年。呪われた島・ロードスは、未曾有の危機に瀕していた-。それは、島の南西部・モス地方から始まった。大地の妖精族ドワーフが築いた石の王国から出現した魔神の大軍は、国を亡し姿を消した。彼らとの友好で独立を守っていたスカードは、不在の国王に替り若き王子ナシェルが全権を掌握する。そして、運命の時を迎えた…。ベルド、ウォートを始め英雄たちの若き姿が甦る。待望の書下し新シリーズ、感動の開幕。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ロードス島を舞台とした作品群の中では一番好きです。
    学生の頃夢中になって読みました。

  • 本棚整理中に出てきたので読みました。
    懐かしい。。。

    ファンタジー小説の王道です。
    普通のロードス島より30年前のお話。

    ロードス島で古の魔人が解放されて、
    とある国のハイパー王子が頑張るお話。

  • 「ロードス島伝説」全5巻。番外が1巻ほどあります。
    「戦記」より遡ること30年前。戦記を読んでいれば若い頃のキャラクターたちを楽しめますし、ロードスをもっと深く知ることも出来ることと思います。
    今回の主人公は王子。彼を支えるのは賢者、傭兵、聖女たち。ストーリィもそうですがキャラクターも魅力的です。

  • ロードス島戦記で語られていた魔神戦争のお話。満を持して登場の感があり、書かれるべくして書かれた作品の登場にまず喜んだ。
    しかし開巻して間もなく、本編では一切語られることの無かったナシェルなる人物が登場し、彼が主役となって物語が進むことに戸惑った。てっきりベルドとファーンとフラウスとウォートとニースの話になると思ったのに、この展開は意外。作者は~戦記の二番煎じを避けたようだ。
    そしてナシェルが実は天賦の才を持った勇者の資質があることが仄めかされる。う~ん、最初から想定しておけばよかったのにねぇ、作者は。

  • ナシェルというチート王子と英雄たちの物語。

  • 悪くはないんだが…出てくる人物、皆が皆、高潔すぎるような…もうちょっと人間くさい奴がいてもいいのに。今後に期待かな。

  • 【状態】
    展示中

  • ロードス島戦記から時代をさかのぼって六英雄の時代の話。
    モスの南部スカードの王子ナシェルの物語。

  • ロードス島戦記より遡る事三十年。魔人戦争の最中の物語。モスの小さな王国スカードの王子ナシェルは、魔人によって故国を失う。全4巻+外伝2の一冊目。

  • 一巻だけ読んで挫折したシリーズ。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1988年刊行の「ロードス島戦記」(スニーカー文庫)でデビュー。以降、「魔法剣士リウイ」シリーズ(ファンタジア文庫)、「クリスタニア」シリーズ(電撃文庫)などで、ファンタジー小説の旗手として活躍する。

「2018年 『グランクレスト戦記DO 英雄の系譜』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ロードス島伝説―亡国の王子 (角川スニーカー文庫)のその他の作品

水野良の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ロードス島伝説―亡国の王子 (角川スニーカー文庫)に関連するまとめ

ツイートする