ロードス島伝説〈4〉伝説の英雄 (角川スニーカー文庫)

著者 :
制作 : 山田 章博 
  • 角川書店
3.55
  • (20)
  • (21)
  • (69)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 257
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044604189

作品紹介・あらすじ

ついに魔神との戦いは最終局面をむかえた。ナシェルは"勇者隊"を統べる者として、モス連合騎士団と共にリュッセン、そしてマスケト解放をめざす。ベルド、ファーンら希代の英雄たちの活躍、ウォートの魔術、フラウス、ニースの加護。ナシェルの旗のもと、戦いの趨勢は決まったかにみえたのだが…。伝説の英雄たちが躍動する大叙事詩、かつてない感動と愛の奇跡を謳いあげ、ここに完結。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ロードス島戦記のアニメは見てたし、山田章博の絵が好きで。
    ナシェル好きだったのにあんな事になって悲しい。
    幸せになって欲しい。

  • 例えロードスの歴史が変わっても、ナシェルの作る国が見てみたかった。涙の最終巻。

  • 普通にナシェルが好きで、最近読み返したらナシェルって一寸源さんちのあのひとに似てるなあ、とか思ったので、「そりゃ好きだよねー!アッハッハ」と自嘲してみてます。

  • ロードスを描く時の水野良氏の筆致は、クリスタニアを描いた時のそれとは全く以って異なる。後者のそれは暗中を模索しているような危なげな様子であるのに対し、前者のそれは、湧き出る物語を紙面へと落としていくようで淀みが無い。

    今回の結末に是非はあろう。密を省き、抄に徹したその物語は読者を満ち足りた気分にさせるとは思えないからだ。
    だからこそ私はこの物語の続きを渇望する。ロードスは今なお息づいている。

  • 【状態】
    展示中

  • 05mmdd読了

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1988年刊行の「ロードス島戦記」(スニーカー文庫)でデビュー。以降、「魔法剣士リウイ」シリーズ(ファンタジア文庫)、「クリスタニア」シリーズ(電撃文庫)などで、ファンタジー小説の旗手として活躍する。

「2018年 『グランクレスト戦記DO 英雄の系譜』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ロードス島伝説〈4〉伝説の英雄 (角川スニーカー文庫)のその他の作品

水野良の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする