新ロードス島戦記〈1〉闇の森の魔獣 (角川スニーカー文庫)

著者 :
制作 : 美樹本 晴彦 
  • 角川書店
3.31
  • (8)
  • (18)
  • (64)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 213
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (313ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044604240

作品紹介・あらすじ

忌まわしき邪神戦争から一年。"呪われた島"ロードスにもようやく平和が訪れようとしていた。だが、その南に浮かぶマーモ島だけは、未だ邪悪な炎が…。若き騎士スパークはこの闇を払うために、マーモ公王に即位した。だが、彼の前には数多の困難がたちはだかる。内紛の兆し、魔獣の出現、旧帝国残党の暗躍。スパークはこの危機をどう切り抜けるのか?壮大なスケールで贈る、愛と冒険の物語!待望の新シリーズ、ここに堂々の開幕。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 全巻読了

    ロードス島戦記に比べて、少し大人向けになったのかという感じがする。メインの読者も作者も年を重ねたということだろうか(笑)
    小ニースの立ち位置というか描写にはやきもきさせられた。

  • ロードス島戦記、全7巻。
    ロードス島伝説、全5巻。
    新ロードス島戦記、全6巻。
    中学生の頃から読んでるファンタジー。何故か今になっても惰性で読んでます。

  • 新ロードス島戦記全7巻(序章を含む。そしてまだ最終巻が発売されていないですが・・)
    「戦記」で登場していたスパークが主人公。
    新しい衝撃というのはさほどありませんが「ロードス」が平和を迎えることが出来るのかどうか、どういう決着が付くのか。一読者としては気になるところ。

  • マーモ公王となったスパークの物語です。
    即位式の最中に闇の森でマーモ帝国の残党が暴れてるとの注進が入ります、直ぐに鎮圧に向かおうとするスパークですが配下の騎士隊長が収集に応じないと言う事態に追い込まれます。やはり暗黒の島の統治は無理なのか?といった感じの所からスタートです。

  • マーモ公国の公王となったスパーク。風の部族と炎の部族との対立に頭を悩ませるスパーク。風の部族の騎士アファッド、ウッディンの反乱。単身乗り込み説得するスパーク。妖魔の銀の鉱脈を求めての捜索。ダークエルフの兄弟との出会い。闇の森から現れる魔獣たちに対抗するためアラニアの森に住む魔獣使いエレーナの説得にあたるスパーク。セシルの同行。マーモの人間と自分の笑顔のために同行を承諾するエレーナ。エレーナの活躍により徐々に成果を上げる魔獣狩り。ヒュドラとの戦い。マーモ皇帝ベルドの遺児レイエスを皇帝としてマーモ帝国を復活させようとするヴェイル。

  • 全巻

  • スパークが主人公のロードス島戦記
    スパークは好きなキャラですが、どうもこの新シリーズは好きになれません。
    イラストも変わってしまったし。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1988年刊行の「ロードス島戦記」(スニーカー文庫)でデビュー。以降、「魔法剣士リウイ」シリーズ(ファンタジア文庫)、「クリスタニア」シリーズ(電撃文庫)などで、ファンタジー小説の旗手として活躍する。

「2018年 『グランクレスト戦記DO 英雄の系譜』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新ロードス島戦記〈1〉闇の森の魔獣 (角川スニーカー文庫)のその他の作品

水野良の作品

新ロードス島戦記〈1〉闇の森の魔獣 (角川スニーカー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする