新ロードス島戦記 序章―炎を継ぐ者 (角川スニーカー文庫)

著者 :
制作 : 美樹本 晴彦 
  • 角川書店
3.30
  • (7)
  • (7)
  • (45)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 141
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044604264

作品紹介・あらすじ

暗黒の島マーモの公王に任命された若き騎士スパーク。彼がそこへ至る道には多くの出会い、そして別れがあった-。スパークが生まれ育った炎の部族、その女族長ナルディアの苛烈な生き様。マーモ公国に多大な貢献を果たす魔獣使いエレーナの哀しい過去。公国の前途に立ちふさがる新生マーモ帝国の宮廷魔術師。その背後に現れた恐るべき"生命なき者の王"の姿…。呪われた島ロードスに秘められた数々のドラマが今、始まる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 新装版でないやつを、多分、1回読んでいるはずですが、あんまりおぼえてないです。
    というか、「新ロードス」を読む前に読んだので、キャラクターに今ひとつ愛情が薄かったのかも。

    だから、今回、読んだ方が、楽しめたと思います。

    バグナードとかは、個人的に好きです。
    この話とかも、「ようこそロードス島へ!」のネタになりそうな行動です。

    そうそう、「ようこそ」は、好きなので、復活しないかなぁ。

  • 『炎を継ぐ者』
    炎の部族ダレスの死後、族長となったナルディア。邪教と手を組んだことで窮地に陥っていた炎の部族。邪教の神官戦士団を追放することを決めたナルディア。ナルディアの従兄弟スパークを誘拐した神官エズード。砂走りの巣に馬に乗せられ放たれたスパークの救出。

    『魔獣の森』
    ナダールの村へ説得に向かった帰り道に森に迷い込んだセシル。森で出会った魔獣を支配する謎の少女エレーナとの出会い。魔獣を操る術を会得した導師グージェルミンの娘エレーナ。グージェルミンの弟子ランディス。マーモのために魔獣を支配しようとするランディス。解放された魔獣。

    『暗黒の島の領主』
    太守シャダムが留守中に発見されたウィンドレスト城の隠し通路。自分の立場に思い悩むスパーク。地下のマーファ神殿でニースとの会話。隠し通路の中での亡霊との会談。マーモを最初に統一したブルネイ王の亡霊。

    『生命なき者の王』
    マーモ奪還を図るヴェイル。死者の王となったバグナードへ協力を求めるために女たちを献上する。ヴェイルの野望を阻止すべく動く妹のミネア。生贄にされる女性たち。バグナードを倒したと思ったミネアだったが・・・。

  • マーモ公王スパークの従姉ナルディアの物語です。敗戦に見舞われ追い詰められた一族を率いて必死に生き残る道を探す所から始まります。
    部族の生きる道を示し不死鳥と化す彼女が一番の見せ場?・・・ですかね

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1988年刊行の「ロードス島戦記」(スニーカー文庫)でデビュー。以降、「魔法剣士リウイ」シリーズ(ファンタジア文庫)、「クリスタニア」シリーズ(電撃文庫)などで、ファンタジー小説の旗手として活躍する。

「2018年 『グランクレスト戦記DO 英雄の系譜』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新ロードス島戦記 序章―炎を継ぐ者 (角川スニーカー文庫)のその他の作品

水野良の作品

ツイートする