ブレイドライン2 アーシア剣聖記 (角川スニーカー文庫)

著者 : 水野良
制作 : 津雪 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010年1月1日発売)
3.60
  • (4)
  • (11)
  • (7)
  • (2)
  • (1)
  • 94人登録
  • 6レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (348ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044604325

作品紹介

閃く白刃、迸る血飛沫!ここはアーシア、戦乱渦巻く世界-。妖精族の力を開放し、故郷の島々を津波で壊滅させたセラ。あまりにも危険な彼女を生家に押しつけるべく、ヒエンは帝都を目指す。だが、彼らの行く手を聖都ナユタの軍勢が阻む。少数民族"沼人"を虐げるナユタ軍に対し、義をもって刃を振るうヒエンだったが、その前に意外な人物が立ち塞がる!疾風怒涛のアジアン・ソードオペラ第2弾、この太刀筋、しかと見届けろ。

ブレイドライン2 アーシア剣聖記 (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読了 4/8

    純粋すぎる主人公ヒエン。
    毎度、女難な雰囲気があるけれど、
    彼自身に魅力が全くないってわけじゃない。
    そんなヒエンを待っていたのは、出会いと再会と別れ。
    本誌で読んだときも悲しいエピソードだったので、
    涙なしでは読めないエピソードでした。

  • 今回は章事立てで短編が幾つか続いて一つのお話を作り上げている感じ。
    世界観の描写が中心でイマイチお話にのめり込めなかった。
    (少なくとも自分はそのように感じた。)
    今後が気になる描写もあるからしばらくは様子見かなー。

  • 雑誌連載分だったこともあり、内容的には薄い気がした。
    一回限りの女性キャラとの邂逅話ばっかりだし、いまいちかな。

  • 1巻よりさらに厳しい。。。どーすんだろw

  • 各話事に短く、短編集の様に軽く読める巻。

  • 今年1冊目!今回は短編集のような感じでしたね。戦う女性はやっぱりいい!設定ががっつりあるけどまだそんなにすんなり入りこめない感じもありました。続きに期待。

全6件中 1 - 6件を表示

ブレイドライン2 アーシア剣聖記 (角川スニーカー文庫)のその他の作品

水野良の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ブレイドライン2 アーシア剣聖記 (角川スニーカー文庫)はこんな本です

ツイートする