レンズと悪魔 VIII 魔神変光 (角川スニーカー文庫 179-14)

  • 79人登録
  • 3.40評価
    • (4)
    • (6)
    • (18)
    • (2)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 六塚光
制作 : カズアキ 
  • 角川グループパブリッシング (2008年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (281ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044707149

作品紹介

己の願いを懸けて戦う"八眼争覇"。その戦いもいまは、エルバたちの同盟によって膠着状態にあった。しかし、ブルティエールで発生したある殺人事件が、エルバたちを戦いへと引き戻す。事件の調査に当たっていた彼らの前に現れたのは、かつて打ち破ったはずの参加者、クルト・キングスリーだった。そして、エルバの前にもうひとり、男が現れる。彼を、真の宿命へと導く男が-。さらなる混沌が激闘を喚ぶ!シリーズ第8幕。

レンズと悪魔 VIII 魔神変光 (角川スニーカー文庫 179-14)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2012ねん5月10日読了

    なにやら急に不穏な空気に包まれ始めた8巻。
    7巻のあのギャグどこに行ったのか…全く同じ物語なのか!(笑)そんな不安にかられるほど、後半のドシリアスっぷり!!!
    エルバとシローの対決は避けられないし、その間にテッキもサクラもいるしで、どこに正義を置くべきか悩むね!
    急に白熱の展開で、更に暗躍するセブンデイも気になるところ。

  • 変な正義の味方登場と思ったら、驚きの真実。
     こんな展開になるとは、考えてましたね。

     これまでの伏線が収束してきて、新たなる?人物、組織の登場。

全3件中 1 - 3件を表示

レンズと悪魔 VIII 魔神変光 (角川スニーカー文庫 179-14)のその他の作品

六塚光の作品

ツイートする