薔薇のマリア 5.SEASIDE BLOODEDGE (角川スニーカー文庫)

著者 :
制作 : BUNBUN 
  • 角川書店
3.50
  • (24)
  • (16)
  • (73)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 284
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (430ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044710064

作品紹介・あらすじ

一通の手紙が届いた。差出人はジョーカーというトマトクンの旧友。莫大な資産を配分するから会いに来いという何やらあやしげな内容だったが、トマトクンの一声で、ZOOはジョーカーの住む、まだ見ぬ海の街に旅立つことに。しかしマリアたちは、そのとき旅路の先で起きている危機をまだ知るよしもなかった。旅先に集結する新たなZOO、妖しい教団、マフィア、そして"罪そのもの"!?-ついに舞台はエルデンの外へ。新章早くも最高潮。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 登場人物のほとんどが新キャラ……でもいい味出してました。アジアンの秘密がほんの少しわかったり。次の巻が楽しみになる一冊。

  • 巻をまたいだら、何故かマフィアとカルト教団の抗争の話になっていた。

  • 4044710066 430p 2008・9・25 8版

  • 孤児院?か何かの話なんですかね。
    ・パンカロ・ファミリーに入ったリク(年齢はいくつぐらいなのかな)
    ・赤線で働くローラ(売春婦の仕事?)
    ・孤児院?の仕事をするステラ・ルカ

    みんな子供なのに働かせれている。
    日本ではあり得ないけどあり得る国だってあるんだよね・・・。
    そう考えると凄く切ないなぁ。

    ってかこの巻には私の好きなマリアローズ様がほとんど出てこなかった><
    しかもサフィニアは【私の】マリアローズ様のベッドに入っちゃうし。
    しかもすやすやと眠っている・・・

    あの後サファニアはトマトクンに何をしたのかなぁ?
    やっぱりキスとか?www
    サファニアがトマトクンを好きになった理由がちょっとよく分からないなぁ。

    あと最初の「きみ(アジアン)を傷つけたくない」ってところ好きデス。
    優しくないとか言っているけれど超優しいじゃないですかマリアさん。
    人の気持ちを考えられる素晴らしい男性?ですよね
    可愛い子が好きな私にはもう萌え萌えで・・・

  • 主要人物がほとんど出番のない巻だが、エルデンとは異なる人びとの暮らしやら生き方やらは真新しく、面白く読めた。

  • なんか・・・。ZOOメンバー移動中。ってカンジで何もなく。目的地のジェードリの混乱のお話で、次巻たどり着いたマリアたちが戦闘に参加というカンジでしょうか。新キャラばかりの上、話が混みあっていてよくわかりませんでしたが。それにしても、離れているからこそアジアンが気になる???マリアも実は・・・・!?

  •  ブクオフで購入。
     パンツ一丁は最後の砦。

  • あんまマリアたちがかつやくしないのが。。なんか

  • この著者さんの本は面白いです。
    けれども新キャラメインなのは悲しかった。前のキャラが大好きなので・・

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

作家。北海道大学文学部卒。
『純潔ブルースプリング』で第7回角川学園小説大賞・特別賞を受賞。
主著に『薔薇のマリア』シリーズ、「第九高校」シリーズなどがある。

「2013年 『マイワールド』 で使われていた紹介文から引用しています。」

薔薇のマリア 5.SEASIDE BLOODEDGE (角川スニーカー文庫)のその他の作品

十文字青の作品

ツイートする