薔薇のマリアVer1 つぼみのコロナ (角川スニーカー文庫)

著者 :
制作 : BUNBUN 
  • 角川書店
3.51
  • (20)
  • (14)
  • (62)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 239
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044710071

作品紹介・あらすじ

常にマリアローズを騒動に巻き込む天然系魔術士コロナと、少年レニィとの出会いを描くドタバタ珍道中-突然鬼人に追いかけられるわ、目の色が銀色になっちまうわ、変な力が勝手に身に付いちゃうわ、全部このへっぽこ魔術士に出会ったことが原因だ。おいおい何なんだこの状況、俺は無事エルデンにたどり着けるのかぁ!?-はたしてレニィの心の叫びはコロナに届くのか?魔術士コロナの真実の物語、書下ろしを加えた完全版登場。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 4044710074 317p 2008・7・30 6版

  • 本来なら学校に行っているはずのコロナが主人公の話。
    彼女はいつも必死に行動を起こすのですが、その行動が
    みんなに迷惑をかけてしまいます。
    でも、必死に必死にやっての迷惑なんです。

    挙げ句の果てにだまされて体を売ろうとしたりまでします。
    15歳ぐらいで売春宿に行って男を愉しませるなんて、ばかげてる。
    リアルでもあるけど本当ばかげてる。
    普通ならあり得ない。
    肉親がみんな死んで、魔術師に拾われてだまされて、
    だまされまくる生活をしている彼女。

    15歳であんなに修羅場をくぐらなくても良いのに・・・・・・。

    そしてそしてレニィさんってロリk(ryだったり・・・
    「お前が必要だ」って言ったり心配して走り回ったり挙げ句の果てに抱きしめるし

  • トモヨさん萌えた。あんな人実在したらなぁ~と思った。

  • コロナのキャラクターはあまり好きではないが、楽しめた。

  • コロナのお話。前からマリア編をちょろちょろしてたコロナが、エルデンに来るときの話です。レニィは嫌なヤツだと思ってたけど、ちょ〜いいヤツでした。しかもコロナちょ〜かわいいし。とはいえ、まったく別の物語としての一冊でした。しかし予想外にかなりよかった!!

  •  友人にさりげない圧力をかけられて購入。
     コロナのせいで迷惑かけられまくっても、それでも相手をしてくれるレニィがいいなとおもいます。やさしい。

  • 薔薇マリの名脇役?コロナとレニィに焦点を当てた番外編!
    二人の知られざる過去や出会いが書いてあります。

  • コロナって苦労人なのね。
    けど萌えるワヨ

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

作家。北海道大学文学部卒。
『純潔ブルースプリング』で第7回角川学園小説大賞・特別賞を受賞。
主著に『薔薇のマリア』シリーズ、「第九高校」シリーズなどがある。

「2013年 『マイワールド』 で使われていた紹介文から引用しています。」

薔薇のマリアVer1 つぼみのコロナ (角川スニーカー文庫)のその他の作品

十文字青の作品

薔薇のマリアVer1 つぼみのコロナ (角川スニーカー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする