薔薇のマリア〈9〉さよならの行き着く場所 (角川スニーカー文庫)

著者 :
制作 : BUNBUN 
  • 角川書店
3.86
  • (24)
  • (19)
  • (33)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 237
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (430ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044710132

作品紹介・あらすじ

ZOOが留守にしていた間に、エルデンでは"昼飯時"のメンバーが姿を消してしまう失踪事件が発生。メンバー消失の痕跡を求め、アジアンに協力することになったマリアたちだったが、目の前に現れた"白い魔術士"により、アジアンともども最悪のゲーム"7Sとの七つの勝負"に参加することに…ZOO、昼飯時、S*K、今クランの枠を超えた仲間たちが結集し、決戦に挑む!マリアとアジアンの想いが交錯するシリーズ新章、急展開。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「セブンス・ゲイム」編、前編。

  • 最初のー
    アジアンとマリアが見つめ合うシーン好き。
    そのあとマリアが照れ隠し?に殴るところも好き
    ツンデレマリア愛してます。

    今回の薔薇マリはいつもにましてラブシーンが多かったなぁ。
    ・アジアンとマリア
    ・飛燕とユリカ(この二人のデートは萌えるね)
    ・トマトクンとサフィニア
    どれも萌えます。

    そして、セブンス・ゲイム。
    これからかなりキーになってきそうですね。
    アジアンはマリアのことしか考えてないみたいですが、
    トマトクンに突っ込まれちゃうしwww

    これからが気になります。

  • 9784044710132 430p 2008・2・1 初版

  • マリアローズがアジアンへの対応に逡巡する。生身の人間として接することに、マリアローズの成長が見える。
    クランメイト捜しの流れは冗長な部分もあるように思えたが、第一の敵が提示された終盤の展開には驚いた。

  • らぶアジアン☆前回のお話はどうやらアジアンの夢だけの話ではなかったようです!!今回は昼飯時のメンバーが失踪?探すべくZOOのメンバーも力を貸すことに。今回はアジアンとマリア、飛燕とユリカ、サフィニアとトマトクンの恋愛も進行中!?
    飛燕かわいい〜♪アジアンに次いで好きなキャラです。

  • アジアンがへたれです。マリアとユリカとサフィニアの恋模様も混じりつつ昼飯時のピンチを救え!みたいな?

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

作家。北海道大学文学部卒。
『純潔ブルースプリング』で第7回角川学園小説大賞・特別賞を受賞。
主著に『薔薇のマリア』シリーズ、「第九高校」シリーズなどがある。

「2013年 『マイワールド』 で使われていた紹介文から引用しています。」

薔薇のマリア〈9〉さよならの行き着く場所 (角川スニーカー文庫)のその他の作品

十文字青の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする