薔薇のマリア 17.この痛みを抱えたまま僕らはいつまで (角川スニーカー文庫)

著者 : 十文字青
制作 : BUNBUN 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012年3月31日発売)
4.14
  • (14)
  • (14)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :113
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・本 (350ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044710255

作品紹介

エルデン浮上により古代九頭竜の呪いがとけ、地上に凶悪な悪魔と異界生物どもがあふれだし、ついに災厄の時代が幕を開ける。しかし絶望的な状況でも、人間たちは各地で悪魔たちに抵抗を続けるのだった。マリアもまた、不安と恐怖を抱えながらも、持ち前の能力を活かし、新たな仲間たちと日々を生き抜いていた。そんなある日、はぐれていたZOOメンバーの生存情報が!?地獄と化した世界へ踏み出すマリアを待ち受けるものとは!?-。

薔薇のマリア 17.この痛みを抱えたまま僕らはいつまで (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 相変わらずキャラが多くて視点がコロコロ変わるので、ずっと積読していて思い立って読んだ私には半分位のキャラが???だったw
    それでも読ませる筆力はさすが十文字先生だなー、この人の文章、本当好きです。
    でもいい加減、マリアがツンデレすぎて少しイラつく。アジアン報われてんのになんか違う。もっとラブいのが読みたいのよ。

  • 『薔薇のマリア』シリーズ第17巻。

  • SIXがまさかの萌えキャラになってたw 
    なんかこう激しい展開のさなかのほんわかラブは癒し以外の何物でもない。視点が変わりすぎるのはマイナスだとは思うけど、これも急ぎ足の弊害なんだろうか。キャラだけではなく世界観自体の謎も深まってきて続きが楽しみ。(そして羽付きアジアンがかっこ良すぎた)

  • 激動後の顛末ということで、案外ひどいことになってなくて安心。

  • 相変わらず章の始めに主語がなく、一体誰の話なのかさっぱりわからず読んでてわかるという読みづらい本です。
    しかも主人公のマリアの章が多いかっていうとそうでもなく、まぁみんなが主人公。みたいな扱いで悪くはないが、よくもない。

    大陸は悪魔やフリークスの天下となり、人間達はひっそりと徒党を組んで散らばっていた。マリアたちは仲間を見つけるために悪魔に奇襲をかけながら移動。ユリカやカタリ、飛燕、ロムフォウ、キュー、ピンプ・・・少しづつ仲間たちと再会。
    でもウケるのは「馬鹿陛下」?(笑)
    そしてようやく会えたトマトクンは・・・!!
    というところでおしまい。

    そろそろ終幕も近いか。そう感じながらも続いてますが。
    そろそろスパっと謎を明らかにして終わっていい頃かと!

  • 正直に言おう。若干飽きてきた。あっちこっち視点が飛ぶので。
    いいからアジアンとマリア出して欲しいというのがキャラ萌えの弁です。
    トマトクンがどうなるのかは若干不安。

  • なんかすごい展開になってしまったけど、人間てたくましいって感じ。
    絶望的な状況になってたからどうまとめてくるのかと思いましたが、それなりにまとまってきたというか、形になるもんだなぁという感じ。

  • 生きるための戦い。まさかのファニー・フランクwいっそその能天気さが羨ましいとか思う自分が嫌だ…wって、ファニー・フランクはどうでもいい。私的テンションMAXは荊王だった…wなにあれかっこいい//(もう登場してくれればいいんだなんでも)これからどうなってしまうのか。続き待ってる(^^)/

  • 2012/03/30
    ⇒中古待ち
    ⇒まんだらけ 420円

全9件中 1 - 9件を表示

薔薇のマリア 17.この痛みを抱えたまま僕らはいつまで (角川スニーカー文庫)のその他の作品

十文字青の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

薔薇のマリア 17.この痛みを抱えたまま僕らはいつまで (角川スニーカー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする