東京皇帝☆北条恋歌 8 (角川スニーカー文庫)

著者 :
制作 : 要河 オルカ 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
4.32
  • (13)
  • (8)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 100
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (383ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044712136

作品紹介・あらすじ

「かじゅとぉ…お願いだから『婚約解消しないで』って言いなさいよぉ…」一斗への婚約解消宣言を早くも後悔しはじめる来珠。ところが肝心の一斗はここぞとばかり恋歌やゆかり子からラブアタックを受けていた。そのうえ機動魔法兵・エニグマの操縦訓練を受けるため軍に入隊することになった一斗はますます来珠との時間がなくなっていき-。すれ違う2人の関係はこのまま終わってしまうのか!?大人気シリーズ、運命の第8弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2011 4/15読了。WonderGooで購入。
    東京帝国建国秘話が明かされる巻。
    初代皇帝について、帝国建設と怪蟲の関係、そもそも怪蟲やその女王とは、など、色々な謎が明かされつつも新たな伏線を張って結末に至る。
    ・・・あとがきによれば次からゆるくなるらしいが、いや、これからどうやって・・・?

    あと一斗は流されやすすぎにも程があるだろー。
    ヒロインどんだけ増やす気だー。

  • なんとなく初代皇帝は主人公じゃね?と思ってたけど。
    ここから、ゆるゆるの展開になるってあとがきに書いてたけど。
    想像できないな。

  • 全編ほぼシリアスで1巻からの伏線も回収しつつまた伏線を張りつつな中、いつもどおりのゆるさもありでまだまだ面白くなる!

  • ゆるいようでゆるくない種明かし編。中盤は竹井節でヤケにノリノリである。子鹿がいるみたいだよ!ひよりんがいるみたいだよ!花恋がいつ語尾に「~風味です!」とか付けないかとヒヤヒヤものでしたね!
    これまでに不自然なまでにちりばめてきた伏線を一気に回収しつつ物語としても新しい要素が充実していて読み応えのある展開でした。そして次はまだ誰も知らないだろう未来へ。
    それにしても八田がいい。いじめたくなる。もうフラグ立ってんのがミエミエでも愛してやまない。
    ともあれ次の展開こそ本当の物語、と思いきやゆるゆる路線に戻るとか言ってる。どうなるやら!期待して待つ。

全6件中 1 - 6件を表示

東京皇帝☆北条恋歌 8 (角川スニーカー文庫)のその他の作品

竹井10日の作品

ツイートする