リバーシブル 1.黒の兵士 (角川スニーカー文庫)

著者 :
制作 : 方密 
  • 角川書店
2.84
  • (1)
  • (3)
  • (21)
  • (2)
  • (4)
本棚登録 : 51
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044722012

作品紹介・あらすじ

相馬さんが消えた。俺や伊緒ら5人のメンバーがハマっているゲーム"マスケラ"-アンドロイドを操り、新首都を破壊していくという悪趣味だが抜群に面白いしろもの-のプログラマーだ。"調停者"なる謎めいたコントローラ、襲われる仲間たち、そして起動するモノホンの戦闘用アンドロイド"ノワール"。そう、俺たちは現実と非現実の狭間の危険なゲームをプレイしていたのだ!第9回角川学園小説大賞"奨励賞"受賞作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  悪い面ばかりが目立った第一巻という印象。
     遊んでいたオンラインゲームが現実になるというネタは使い古されたものだろうけど、よく調理していたほうだと思う。ただ作中でも指摘されているけど非常に悪趣味なゲームではある。
     第一巻だからか大きな謎は殆ど持ち越しのため消化不良感が強い。また、本作には都合よくヒントをくれる人物だったりアンドロイドの操作方法など突っ込み所も多いのだがそこは目を瞑っておいた方がいいのかもしれない

  • 絵は好き
    内容は普通。

  • 表紙がスタイリッシュ?でオシャレな点だけは好みです。
    それだけに話が合わなかったのが残念。

  • 第9回角川学園小説大賞奨励賞受賞作です。
    とてもしっかりしたSFミステリーでした。
    近未来の新都市という設定も、学園の中でバーチャルなゲームに没頭する登場人物たちも、なかなかに魅力的でした。
    どっちかというと、ミステリーのほうに重点が置かれていた感じですね。
    SFという設定は、あくまで地盤でしかなかったみたいです。
    でもミステリーとしてもうまくできてるんじゃないかなあ。
    ラストもすっごくよかったし。
    これは次も期待できますね♪
    満足でした♪

全5件中 1 - 5件を表示

水月昂の作品

ツイートする