サバキの時間―地獄の斧と亡者の鎌 (角川スニーカー文庫)

  • 27人登録
  • 3.64評価
    • (3)
    • (2)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 本保智
制作 : 山本 ケイジ 
  • 角川書店 (2007年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044727024

作品紹介

地獄を抜け出した死者・倉橋悠人。彼は冥界転覆を狙って運河で開催される大花火大会の見物客、十万人すべてを死者にする恐るべき計画を進めていた。輪廻護法官・サバキは悠人と対峙するが、悠人の持つ地獄の斧"山端の月"の前に敗れ、パートナーである伊吹綾香までもが行方不明になってしまう。果たして悠人の真の目的は!?絶体絶命の夜空に花火が上がる。裁きの鎌は悪しき輪廻を断ち切れるか!?期待のヘルズアクション第二弾。

サバキの時間―地獄の斧と亡者の鎌 (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 図書館でふと気になり買ったこのシリーズ。
    山本ケイジさんのイラストが素敵です。
    サバキかっこいーとか思いつつ読んでました。
    正直言って、読んで数年経った今感想・レビューを書こう思っても、感想という感想が思い浮かばない・・・。
    終わらないでほしいなと思ったけれど、終わり方が良かったからいいや!って感じでした。
    綾香やサバキと友達になってみたいなー。色々大変だろうけど(笑)。

  • 「サバキの時間」の続編。■無邪気な残酷さを持った子供―――のふりをしたオルフェウスが今回のラスボス。綾香の出生のワケなどが明かされる。

全2件中 1 - 2件を表示

本保智の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

サバキの時間―地獄の斧と亡者の鎌 (角川スニーカー文庫)はこんな本です

ツイートする