繰り世界のエトランジェ〈第1幕〉糸仕掛けのプロット (角川スニーカー文庫)

著者 : 赤月黎
制作 : 甘福 あまね 
  • 角川書店 (2007年7月発売)
3.08
  • (2)
  • (4)
  • (14)
  • (4)
  • (1)
  • 本棚登録 :63
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (303ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044731014

作品紹介・あらすじ

「14号」と名乗るボロボロの制服を着た美少女、漆黒のメイド、突然の母の失踪、異常にハイテンションな同級生、妖しげな蟲の大群…万物を自在に操る能力"操糸術"を持つ高校生・睦月透真の周囲に集まる美しくも奇妙な少女たちと数々の怪異。異変とともに現れた謎の男・山田太郎に導かれ、透真は術を使い謎めいた真相に迫ろうとするが…!?運命の糸を操る少年と操られる少女たちが繰り広げる、陰謀だらけのスリル&ラブエンタ。

繰り世界のエトランジェ〈第1幕〉糸仕掛けのプロット (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 刀姫の存在意義がwww乳首www

  • その一族は、生き物の体に「操り人形」のように吊られた糸が見えるという。そしてその糸を掴んで、生き物を、人間を操ることが出来るという。<br>
    彼らは「糸遣い」とも「人形遣い」とも呼ばれている<br>
    これはそんな異能をもった主人公が行方不明の母を捜すために<br>追っていた事件で遭遇する裏の世界の物語―<br>
    街で起こる、女性ばかりを狙った不可解な殺人事件。<br>
    それを追う、全身刀を埋め込まれ改造された少女、カタナ<br>突然、母方の実家から
    本家に連れ戻すためやってきたという<br>謎のボディーガード兼メイド<br>
    殺人事件の裏で暗躍する、蟲遣いという一族の陰謀とは!?<br>
    そしてその全ての黒幕とは――!?<br>
    スニーカー大賞<奨励賞受賞>新進気鋭の伝奇ミステリー作家の新たなるシリーズがここに始まる

全2件中 1 - 2件を表示

赤月黎の作品

繰り世界のエトランジェ〈第1幕〉糸仕掛けのプロット (角川スニーカー文庫)はこんな本です

ツイートする