マクロスF フロンティア・メモリーズ (角川スニーカー文庫)

著者 :
制作 : 氷堂 涼二 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.83
  • (6)
  • (4)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 88
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (299ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044738075

作品紹介・あらすじ

西暦2059年。超長距離移民船団マクロス・フロンティアで暮らす早乙女アルトは、美星学園のパイロット養成コースに通いつつ民間軍事会社S.M.S.に所属し、多忙な生活を送っていた。歌姫ランカや銀河の妖精シェリル、悪友のミシェルやルカといった仲間に囲まれにぎやかな毎日だ。だがそんなある日、アルトたちが修学旅行で訪れた温泉旅艦"熱海"にテロリストの襲撃が!?戦いの合間の青春を描く「マクロスF」アナザーストーリー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • マクロスF本編終了後の短編集。特に修学旅行編が良かった。みんなでわいわいやっているところも楽しいし、歌の力を合わせるところも良い。何よりこの本はイラストがいい。ちゃんと人物に厚みを感じる。

  • テレビでは描かれなかったサイドストーリーを集めた短編集。

    ほとんどの作品が読後には楽しい気持ちになれたのだが、楽しい分、余計にミシェルが死んだ前後の変化が哀しく映る。
    テレビ放送終了後もミシェル生存時のサイドストーリーが、どんどん出てきてるが、これからも出てきそう。
    学園生活の話が一番、お話も作りやすそうだしね。

  • 小説版のアルトはかっこよさ倍増すなぁ。それにしても嵐蔵△

  • ブレラン好きーさんは買うべし

  • 短編7話構成。各話の色が違う為、人によっては読んでいて温度差が出ると思います。インパクトという意味では、イサム・ダイソンと早乙女嵐蔵の出会い『カブキ・ウォーバード』が印象深かった。楽しませてくれたのは『デンジャラス・ジャーニー』ですね。

全5件中 1 - 5件を表示

小太刀右京の作品

ツイートする