放課後の魔術師 (3)マスカレード・ラヴァーズ (角川スニーカー文庫)

著者 : 土屋つかさ
制作 : ふゆの 春秋 
  • 角川グループパブリッシング (2009年4月1日発売)
3.71
  • (8)
  • (7)
  • (15)
  • (1)
  • (0)
  • 110人登録
  • 6レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044740030

作品紹介

遥は「探偵推理研究会」というダミー部活で安芸から論理魔術を学んでいたが、一向に腕は上がらず、恋のアプローチも空回りするばかりだった。そんな夏休み初日、ふたりは豪華クルーザーに乗り込むことに。プチ旅行に浮かれる遙だったが、実はそれは"完結した円環"の命令であり、"紅"の論理魔術師として覚醒した遙を"査問"する目的があったのだ。彼女の身を案じる安芸が警戒するなか、洋上で"円環"幹部の殺人事件が発生する。

放課後の魔術師 (3)マスカレード・ラヴァーズ (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 秋津先生とクルーズ旅行!と、浮かれて乗り込んだのは、xxの船?! オンナノコには解る!船主の娘と、監視役の秘めやかなやり取り。
    学園のシステムを統括するジェシカシステムの核となる、”ジェシカ”の想いと、”敵”の願いと、秋津安芸の過去、少しづつつまびらかになる2A3Hの論理の世界。
    作中のボードゲーム描写がとても活き活きとしている。
    2010.03.25

  • 9784044740030  269p 2009・4・1 初版

  • 因縁がいろいろ明らかになってきて、面白くなってきた。
    ……というのは、前の巻にも書いた感想だな。

    《紅》の力も、ちょっと見えてきた感じ。やっぱり、魔術がうまくいかないのは、なんらかのリミッターがかかっているようですねぇ。

    今回のゲームは、わたしの大好きな「ミシシッピクイーン」。
    おぉ、わたしが、いつも最後の最後で逆転されるのは、そういう理由があったのかーーー!!

  • 再びイドが登場。遥の真の力が解放される。

  • 2009/04/01
    ⇒中古待ち
    ⇒古本市場 360円

全6件中 1 - 6件を表示

放課後の魔術師 (3)マスカレード・ラヴァーズ (角川スニーカー文庫)のその他の作品

土屋つかさの作品

放課後の魔術師 (3)マスカレード・ラヴァーズ (角川スニーカー文庫)はこんな本です

ツイートする