放課後の魔術師 (6)ミスティック・トリップ (角川スニーカー文庫)

著者 :
制作 : ふゆの 春秋 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
4.00
  • (7)
  • (15)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 97
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044740061

作品紹介・あらすじ

遙たちは修学旅行でイギリスに行くことに。気分が開放的になる海外旅行なので、安芸との嬉し恥ずかしな展開を狙っていた遙だったが、肝心の標的は留学時代の師匠に強引に連れて行かれてしまうのだった。超苦手な師匠と嫌々ながら再会した安芸だったが、そこで遙と"紅"に関する驚愕の事実を知ることになる。想像を超えた遙の真なる能力に、安芸は危機感を覚えるが、すでにその時"完結した円環"の最悪のシナリオが動き出していた。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • おぉ、ひきが入った。
    と思ったら、次の巻で完結みたいです。

    今まで、妹は、仮想の存在だと思っていたのですが、そうでもないみたいですね。

  • 9784044740061 293p 2010・1・1 初版

  • 第1巻からリアルタイムに追いかけてきたシリーズも6巻目。
    今回はラブ要素は鳴りを潜めて、ラストエピソードへの序章という感じ。
    なんだか、ふゆの春秋のイラストがトーンダウンしてる気がして残念。

  • 紅の秘密が明かされていく。そろそろ終盤か。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

作家、ゲームデザイナー。SE、ゲームプランナーを経て、2008年『放課後の魔術師(メイガス)』(角川スニーカー文庫)にてデビュー。他の作品に『それがるうるの支配魔術(イレギュラー)』(同)、監訳書に『イングレス ザ・ナイアンティック・プロジェクト』(著:フェリシア・ハジラ=リー、星海社)、ノベライズ担当作に『那由多の軌跡』(原案:日本ファルコム、星海社FICTIONS)、シナリオ一部担当作に『STEINS;GATE 0』(MAGES.)などがある。
Twitter ID: @t_tutiya

「2016年 『イングレス エージェント・ストーリーズ 01』 で使われていた紹介文から引用しています。」

放課後の魔術師 (6)ミスティック・トリップ (角川スニーカー文庫)のその他の作品

土屋つかさの作品

ツイートする