黒猫の愛読書 I -THE BLACK CAT’S CODEX- 隠された闇の系譜 (角川スニーカー文庫)

著者 : 藤本圭
制作 : Dite 
  • 角川グループパブリッシング (2008年9月1日発売)
3.00
  • (1)
  • (3)
  • (22)
  • (3)
  • (1)
  • 本棚登録 :82
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (327ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044741013

作品紹介

"本の声"を聞く能力を持つ、内気な少女・紙村綴。彼女はその力で、借りた者が必ず死を遂げる呪いの本『嵐が丘』の行方を追うことになる。とき同じくして、綴の前には"本の探偵"を自称する青年・猫目コウが出現。彼は、謎の書物『N断章』の調査に、綴の特異能力を貸せと告げるが…。『嵐が丘』と『N断章』、2つの点が線となったとき、ある魔導書を巡って16世紀から続く魔術大戦が幕を開ける-最強魔導書伝奇、ここに登場!!第12回スニーカー大賞優秀賞受賞作。

黒猫の愛読書 I -THE BLACK CAT’S CODEX- 隠された闇の系譜 (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 出だしは緩やかに、日常生活のなかの主人公の異端性を表現しつつ1つずつ事件が起こっていく、とても分かりやすい読みやすい物語でした。後半から横文字が多くなり謎の組織とか云々とかが出てきたのは、日常推理モノとして読み進めていたので少し戸惑いましたが、ラノベとしてのエンタメの王道を突き進んでいったなと思いました。分かりやすく楽しめました。

  • 最近多い読書家ファンタジーもののシリーズ 1 作目。
    特徴は、本自体の経験にフォーカスが当たっているところかな?
    (持ち主とか、ほんの登場人物とかではなく)
    最後の「眼鏡をはずすと」ネタは、蛇足だったんじゃ無かろうか?(^^;
    今更、もうよかろうよ。(^^;

  • 再読。第12回スニーカー大賞優秀賞受賞作。“本”が題材だったりグリモワールやら秘密結社やら中二心をくすぐる世界観ですが、小奇麗にまとまりすぎてしまったのかインパクトには欠けるなあと改めて思いました。

  •  内容は面白いと思います。ただ導入部分や説明が長いので私は飽きました。
     ミステリーというよりはアクションですね。ただアクションが変なところで派手でそこがちょっと気になりました。

  • 本と会話する事が出来る主人公。
    静かで何ら変わりない生活をしていた所へ
    見知らぬ男性がやってきた事により急変していきます。

    わけの分からない怪物に、わけの分からない男性。
    本に対する謎…と言っていいのでしょうか?
    展開は速いですが、そこまで行くのがちょっと読み辛いやも、です。

全7件中 1 - 7件を表示

黒猫の愛読書 I -THE BLACK CAT’S CODEX- 隠された闇の系譜 (角川スニーカー文庫)のその他の作品

藤本圭の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

黒猫の愛読書 I -THE BLACK CAT’S CODEX- 隠された闇の系譜 (角川スニーカー文庫)はこんな本です

ツイートする