サクラダリセット6 BOY、GIRL and ‐‐ (角川スニーカー文庫)

著者 : 河野裕
制作 : 椎名 優 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011年11月30日発売)
4.42
  • (51)
  • (37)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :275
  • レビュー :27
  • Amazon.co.jp ・本 (366ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044743062

作品紹介・あらすじ

「これで、最後だから。たぶん、あと数日で、すべて終わる」復活後、姿を見せなかった相麻菫。しばらくぶりの彼女からケイへの連絡は、奇妙なものだった。一つ目は、春埼と一緒に交差点でゴミ拾いをしろというもの。一方、管理局対策室室長・浦地は"咲良田のリセット"-全能力の消滅を目論んでいた。彼は未来視能力を持つ二代目魔女・相麻に接触し…。初代魔女が名前を失う前、咲良田の「始まりの一年」が明らかに。最終章突入。

サクラダリセット6 BOY、GIRL and ‐‐ (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • “サクラダリセット”というタイトル,そういうことだったのか! あとがきで「最後まで書いてから時間をかけて何度も修正する」とあるので,もしかしたら第1巻のころからこのラストネタは温めていたのかもしれないし,そうではないのかもしれないけど,すごいの一言に尽きる.第1巻から続く,悪者のいないとても清らかで救われない世界観を,桜田という街全体に広げたらこうなりました,という感じ.早く次巻が読みたいです.

  • 最終章突入。今まで分からなかったことや、これから向かっていく方向が掴めた巻。話のスケールは大きいけど、それを動かしているものは人々の個人的な想い。自分の望むことを実現するために、周りを巻き込んでいるだけ、か。当たり前のことかもしれないけど、読んでいてそれを強く感じた。それと、今までまどろっこしいくらいに頭の中で考えを捏ねていたケイが、いつもより衝動的な想いで動いているのが好ましかった。そう、中野の言葉も良かった。そのくらいパッキリしてる方が、私は好きかな。早く最終巻も読もう。

  • 浦地正宗の目的とは、春埼美空の胸の奥深くにある靄のようなものとは、相麻菫の死の真相とは。様々な問題が交差し、複雑に提示されている。浦地の目的はサクラダをリセットすること。それは春埼のリセットとは別で、根本的に咲良田から能力を奪うことである。その一方、春埼のリセットがもたらす効果は何かをやり直せる代わりに、春埼からありとあらゆる記憶を奪う。即ちせっかく積み上げた感情を奪う。そして、それは咲良田の能力を守る唯一の方法でもある。相麻は、管理局が既に春埼のリセットの対策をしていることを知っている。また、みんなが知らない浦地の目的も知っている。相麻は、未来視の能力を活かして管理局の対策を回避し、咲良田から能力がなくならないチャンスをケイに与える。ケイは悩む。能力によって失われるものがあり、能力によって救われるものがある。それと同じように、能力がないことによって失われるものがあり、能力がないことによって救われるものがある。それは宇川のように明確に善悪の判断が出来るものではない。ケイはもがきながら、でも最後までーー宇川とは反対にーー2つの選択肢を残すことを望んだ。とても膨大なストーリーで、頭の中で整理するのが大変だった。でも、こんな巨大な物語を作ることが出来る河野裕先生に更なる尊敬の念が湧いた。次巻の最終巻まで目が離せない。

  • 物語もいよいよ終盤。
    物語は加速し、かなり密度の濃い内容に。

    前半部分で学園祭の話があるが、レビューするために読み返したときに思い出したぐらいには内容が濃い

    サクラダの歴史、タイトルの意味、相馬菫の計画、などなど明らかになってきた
    次回が最終巻。どう完結するのか楽しみである。

  • 物語がクライマックスに向けて動いています。激動です。前回からの続きで、ケイと春埼の関係がどうなるのか不安だったのですが、思った以上にしあわせな関係になっていてすっごくしあわせな気持ちになりました。しかし、そのしあわせな展開からの、相麻との会話や、浦地の計画、春埼の時間が巻き戻ったりと…怒涛でした。絶望的な気持ちになりました。このあと1冊しかないのに、みんながしあわせになるのか、計画は阻止できるのか。記憶は無事に戻るのか、心配です。ケイがどこまで信念を元に行動できるのか。彼の素敵な能力と言葉と対話で世界が、桜田が救われることを望みます。そして相麻と浦地も救われますように。
    河野先生は、やはり言葉がきれいです。切なくてでも暖かくて、気持ちがいい。哲学的なお話も新しい視界が開ける気がします。独特な考え方や独自の世界観が大好きです。

  • 春埼の笑顔が表紙で驚いたな~。

  • 始まりは日常的な感じだったけど、最後の方は続きが気になって仕方がなかった。いろいろな伏線が回収された。

    次巻はついに最終巻だけど、どうなるのやら・・・。

  • 評価:☆4.5

    サクラダリセット、最終章の上巻に当たる第6弾。

    いやー面白くなってきた!
    ケイ・春埼・相麻・浦地達、個人個人の思惑が入り混じってきて物語がどう進んでいくのか気になる。
    桜良田の始まりの一年など、世界観に関することとかも明らかになってきてワクワクする。

    各人の能力の駆け引きも考えてあるなぁと感心させらる。
    浦地の未来視能力への対策法とかなるほどなぁと。
    特に相麻が二年前に命を落とした理由には恐れ入った。
    バスルームのシーンとか切なすぎるだろ・・・相麻は報われて欲しい。

    でも一つ気になるのは、浦地さん、ケイが邪魔なら加賀谷さんの能力でロックしたら良くない?w

    浦地の計画は進み、遂に桜良田から能力が消えた。
    どうなるんだー!多分リセットするんだろうけど。

  • 相麻菫の考えとか、今まで隠されてた諸々が明らかになった。
    特に菫に関しては、いたたまれないって言葉が一番しっくりくる。

    次巻でケイがどうするのかが楽しみでしかたない。


    だけども、とりあえずこの表紙は詐欺だと言いたい。

  • 激動の巻でした。
    序盤は、温かで幸せな日常風景。そこから段々と、咲良田全体を巻き込んだ問題が発生していき、いよいよクライマックス。
    最終巻一歩手前なだけあって、ケイも春埼も1巻から随分と変わりましたね。
    二人の関係の変化は、見守ってきた側からすれば嬉しいし微笑ましい。
    でも、菫ちゃんの事を考えると、本当に切ない。終盤の、彼女が胸の内を晒すシーンでは、ケイでなくても胸が痛くなりました。

    一方で、能力はあった方がいいのか、無い方がいいのかという問題にも直面します。
    二人の思惑の果てには一体何が待っているのか。
    多くの人が笑えるようなハッピーエンドを願うばかりです。

全27件中 1 - 10件を表示

サクラダリセット6 BOY、GIRL and ‐‐ (角川スニーカー文庫)のその他の作品

河野裕の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

サクラダリセット6 BOY、GIRL and ‐‐ (角川スニーカー文庫)はこんな本です

サクラダリセット6 BOY、GIRL and ‐‐ (角川スニーカー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする