ガジェット 2. 終末時間 PLATINUM GIRL (角川スニーカー文庫)

  • 60人登録
  • 3.40評価
    • (4)
    • (1)
    • (7)
    • (3)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 九重一木
制作 : 植田 亮 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2009年11月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044746025

作品紹介

「ずっと-ずっとね、ディンタニアは、隣で戦ってくれる人を探してたの」"端末"に対抗する集団"雑音"。その姫君・ディンタニアが、予告通り翔の前に現れる。翔のことを「世界を飲み込むバグ」と無邪気に語る少女に、真白と黒乃は対抗心を露わにするのだが…!擬似生命体を操る"創造者"、人々をパニックに陥れる"心配症"-新たな"端末"たちに追い詰められていく翔。超加速無限バトル、フルスロットルの第2幕。

ガジェット 2. 終末時間 PLATINUM GIRL (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • きゅむぅ。
    話の進み方や読了感はスキ。
    マイ設定がトンデモ系…は良いとしても、説明くどいのがちょっと気になるけれど読み飛ばしているので問題ない…のだけれど、読み飛ばす必要がない方が良いなぁ。目次や挿絵のあたりに入れていてもらって、読み返すという形式の方が、私は好き。アクション有りのラノベ的な観点からしても、必須定型文はもっと決め台詞的なモノの方が良いと思うの、ですよ。
    真白と黒乃とカケルの三角の流れは王道です。いいぞもっとやれ。
    幼女のあの設定も、もっと良い見せ方があるとおもう!
    好きな要素もちらほらしてるのに、色々惜しいので、総合点的に☆の数がパッとしない感じになるのです。

    2010.01.03

  • 9784044746025 319p 2009・11・1 初版

  • 購入済み

    内容(「BOOK」データベースより)
    「ずっと―ずっとね、ディンタニアは、隣で戦ってくれる人を探してたの」“端末”に対抗する集団“雑音”。その姫君・ディンタニアが、予告通り翔の前に現れる。翔のことを「世界を飲み込むバグ」と無邪気に語る少女に、真白と黒乃は対抗心を露わにするのだが…!擬似生命体を操る“創造者”、人々をパニックに陥れる“心配症”―新たな“端末”たちに追い詰められていく翔。超加速無限バトル、フルスロットルの第2幕。

    1巻から登場してきていたディンタニアの役?が明確化された気がします。
    あと楓さんね。もともとあやしかったもんなぁ、楓さん。リトより数段あやしい(笑)
    それにしてもこの本も真白と黒乃の傍若無人に恋する形状がすごい。これは作者の願望?
    花壇 というネーミングもすごいなぁ。
    春に3巻出るようなので楽しみに待ちたいと思います。

  • K-BOOKS 250円

全5件中 1 - 5件を表示

ガジェット 2. 終末時間 PLATINUM GIRL (角川スニーカー文庫)のその他の作品

九重一木の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ガジェット 2. 終末時間 PLATINUM GIRL (角川スニーカー文庫)はこんな本です

ツイートする